bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「HUAWEI P20 Pro」フォトレビュー

NTTドコモ

「HUAWEI P20 Pro」フォトレビュー

ドコモの2018年夏モデルとして「HUAWEI P20 Pro」が6月下旬に発売される。世界初のLeicaトリプルカメラは史上初の100点超えを獲得し今あるスマートフォンのなかで最高のカメラ評価を受けたスマートフォン。AIも特徴的でカメラのクオリティを引き上げるアシスト機能や機械学習によって1.5年以上使い続けても購入した時のパフォーマンスが継続する。そして待望のおサイフケータイに対応したモデルだ。

「HUAWEI P20 Pro」フォトレビュー

ボディには「美しさ」と「耐久性」に優れる3D強化ガラスを採用。光の角度によって見え方が異なる多層ガラスコーティング構造が施されている。サイド部分は光沢感がある美しいメタルフレーム仕上げ。ボディの重さは180gでズッシリとしている。右サイドには電源キーとボリュームキーを配置。ボリュームダウンキーをすばやく2回押すとわずか0.3秒でカメラの起動からシャッターまで押すことができる「ウルトラスナップショット」を搭載。カメラを常に構えず、ポケットから取り出しても撮りたい瞬間を逃さずに撮影できる。

ドコモから発売される「HUAWEI P20 Pro」はブラックとミッドナイトブルーの2色。ミッドナイトブルーはシルバーのメタルフレーム、ブラックは黒に着色されたメタルフレームが採用されている。なお、特別なグラデーションが施されたトワイライトとピンクゴールドは残念ながら発売されない。「HUAWEI P20 Pro」はドコモからの独占販売となるため取り扱うカラーバリエーションが制限されているのは残念だ。

HUAWEI P20 Pro デザイン HUAWEI P20 Pro デザイン
HUAWEI P20 Pro デザイン HUAWEI P20 Pro デザイン

ディスプレイ

「HUAWEI P20 Pro」フォトレビュー

ディスプレイはAppleの「iPhone X」のような切り欠きデザイン。切り欠きは設定画面から消すことも可能。一括して消したり、アプリごとに設定することもできる。6.1インチの巨大な有機ELディスプレイは“HUAWEI FULL VIEW DISPLAY”を謳うベゼルレスデザイン。ボトム部分には指紋認証が配置されるためベゼルに厚みがあるが高い没入感で映像が楽しめる。縦横比は18:7.9でトレンドの縦長サイズ。画面上部に表示されるボタンに指が届きにくくなっているが、ナビゲーションバーを左右にスワイプすることで画面を縮小表示可能。女性でも片手で快適に操作できる。

ノッチ ノッチ
切り欠きは一括またはアプリごとに消すこともできる

ワンハンドUI

片手でも快適に操作できる「ワンハンドUI」

世界最高のLeicaトリプルカメラ

世界最高のLeicaトリプルカメラ

バックパネルには写力が格段にアップした世界初の「Leicaトリプルカメラ」を搭載。最上部に配置されているレンズが新たに追加された8MP・f/2.4の光学式3倍ズームレンズだ。スマートフォンカメラの一般的なズーム機能は元の画像を引き延ばすデジタルズームだか光学ズームでは画質を劣化させることなくズームできる。ズームを利用するにはカメラアプリの端に表示されるズームボタンを押すだけ。等倍→3倍→5倍(ハイブリッドズーム)とカンタンに切り替えできる。

ワンタップでズーム倍率を変更できる

ワンタップでズーム倍率を変更できる

真ん中と最下部に配置されている2つのレンズは40MP・f/1.6のカラーセンサーと20MP・f/1.8モノクロセンサーのカメラ。取得した色情報と形状や輪郭のディテールを内部で合成することで細部までクッキリ表現し奥行き感のある写真や撮影後からピントの位置を変えられる背景ぼかしも楽しめる。

これからの季節、花火を撮影することも多くなる。ただ、スマートフォンで夜景を手持ち撮影すると手ブレが大きく、光量も足りないためキレイに撮影するのが難しい。HUAWEI P20 Proはろうそくほどの明かりでも撮影できる最大ISO 1024000を実現。さらにAIが手ブレを予測する強力な6軸手ぶれ補正によって手持ちの夜景撮影でも明るくブレなく撮影できる。

AIが被写体を自動検知して設定を最適化する「マスターAI」も健在。500以上のシナリオから19のシーン(猫、フード、犬、花火、青空、花、舞台/ライブ、文書 、雪、ビーチ、日の出/日の入り、草木、夜景、マクロなど)や被写体を認識して誰でもカンタンにプロ並みの写真撮影が可能になる。

ワンタップでズーム倍率を変更できる

AIが被写体を検知して設定を最適化する

おサイフケータイ、Dolby Atmos、防水・防じん対応

ワンタップでズーム倍率を変更できる

スピーカーは立体的なサウンドを実現し音の方向がわかる「Dolby Atmos」とハイレゾに対応。背面にはFeliCaを内蔵することで待望のおサイフケータイにも対応。IP67等級の防水・防じんなど日本仕様も備えている。ただし、テレビが視聴できるワンセグとフルセグは利用できない。

HUAWEI P20 Proの販売価格

「HUAWEI P20 Pro」の販売価格は一括103,680円。実質支払額はのりかえ時が22,680円、新規契約・機種変更時が57,024円となる。

購入者全員に5,000ポイントのdポイントをプレゼント

「HUAWEI P20 Pro」の購入者を対象にキャンペーンも実施される。8月31日までに購入して9月10日までに専用サイトから応募すると先着1万名に5000ポイントのdポイントがプレゼントされる。

ドコモオンラインショップでは7月31日までの期間限定でキャンペーンを開催中。ドコモオンラインショップで購入すると抽選で50人に1人にドコモポイント10,000ポイントがプレゼントされる。HUAWEI P20 Proなど2018年夏モデルを購入した場合は当選確率が2倍になる。

ドコモオンラインショップでは不要なオプション契約の勧誘や長い待ち時間もないため予約・購入はオンラインショップがオススメだ。

オンラインショップで予約

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE

2018/11/21
LINE、アップデートで「位置情報」と「LINE Beacon」の利用許可を案内。許可するとどうなる?

Appleニュース

2018/11/21
障害復旧:“App Storeに接続できません“――Apple Musicにも繋がらず

Android

2018/11/21
Google、脱スマホ中毒アプリ「Digital Wellbeing」を正式公開

スマホアプリ

2018/11/21
ポケモンGO、伝説レイドに「クレセリア」登場。弱点やおすすめのポケモンは?
Recommendこんな記事も読まれています