bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS/MacのSafariで強制終了・落ちる事象が多発。検索候補に不具合か

iPhone

iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か

iOSとMacの標準ブラウザ「Safari」が強制終了またはクラッシュするといった報告が国内外で相次いでおり、Twitterのトレンドにもリストアップされています。

手元のiPhoneで確認したところ、検索バーのタップ/クリック、全てのタブを終了、Safariを起動するだけで強制終了する不具合が確認できました。

Safariが強制終了する場合の対処方法

Safariが強制終了する不具合が確認できたのはiOS 9.2.1のiPhone 6sとiOS 8.4.1のiPhone 5s。特定のバージョンまたは端末で発生するわけではなく、複数の端末で不具合が発生することから大きな話題になっているようです。


また、Macでは検索バーに文字を入力しても画面に反映されない不具合が発生しています。

確認されている対処方法は、iOSなら「設定」→「Safari」→「Safari検索候補」または「Spolightの検索候補」をオフにして、Safariを再起動します。

iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か

Macなら「Safariの環境設定」→「検索」→「Safariの検索候補を含める」または「Spolightの検索候補を含める」のチェックを外すことで不具合を回避することができます。

iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か

また、Safariの検索候補が利用できない「プライベートブラウズ」モードを利用すると、設定を変更することなく、強制終了を回避することができます。

iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か

なお、Safariの検索候補/Spotlightの検索候補は、iOS 8とOS X Yosemiteで追加された新機能。同機能をオンにすることで、ウェブだけでなく、AppStoreやiTunes Store、Wikipediaなどを含めたキーワード検索が可能になります。

システムの稼働状況を確認したところ、「Spotlightの検索候補」に問題の報告はあがっていませんが、同機能をオフにすると回避できることから何らかの不具合が発生しているようです。

2016/01/28 11:30 更新:アップルが不具合を修正

アップルはSafariが強制終了する不具合を修正したようです。アップデートは必要はなく、iOSなら「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」→「履歴とデータを消去」をタップします。

iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か iOS/MacのSafariで強制終了が多発。検索候補に不具合か

Macならツールバーの「Safari」または「履歴」→「履歴を消去」をクリックします。これで、「Safari検索候補」をオンにしてもSafariが強制終了することなく、使用できます。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Music

2018/09/22
miwaの全楽曲が「Apple Music」などで聴き放題に

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
写真・動画、ショートカットもカンタンに送れる「iCloudリンク」の使い方

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/09/22
「iPhone XS」でバッテリー残量をパーセント表示する方法

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表
Recommendこんな記事も読まれています