bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

新型iPhone、全3機種が高解像度セルフィーカメラ採用?レンズを隠す新技術も

iPhoneの噂・最新情報

新型iPhone、全3機種に高解像度のセルフィーカメラ採用?レンズを隠す新技術も

最近のiPhoneはポートレート撮影や深度コントロール、スマートHDRなどソフトウェアによってカメラの画質を向上させていたが、今年はハードウェアによって大幅に進化するようだ。

トリプルカメラx高解像セルフィーx超広角レンズ

Appleの未発表製品について最も信頼できるアナリストMing-Chi Kuoの最新レポートによると、Appleが2019年に発売する新型iPhoneは昨年と同じ画面サイズの全3機種がラインナップされるという。5機種といった噂もあったがそれを否定した。

3機種すべてに画素数が7メガピクセルから12メガピクセルにアップしたフロントカメラが搭載される。、レンズの構成枚数も4枚から5枚に増えるそうだ。セルフィーを撮る機会が多い人やFaceTimeでビデオ通話を利用する人にとっては嬉しいアップグレードになるだろう。

iPhone 11のトリプルカメラ

Credit: digit.in

秋のスペシャルイベントで大々的にアピールされるであろうiPhone初のトリプルカメラは、大容量モデルのみ搭載するとの噂もあるが、Kuoは5.8インチと6.5インチのモデル――つまりiPhone XSとiPhone XS Maxの後継機に搭載されると報告している。

デュアルカメラに追加されるのは5枚のレンズで構成される12メガピクセルの超広角レンズとのこと。ソニー製の1,200万画素/1μmでF値は2.2。通常の広角レンズの視野角が75-80度に対して、超広角レンズは120-130度のため、被写体に近づいても広い範囲を1枚の写真や動画に収めることができ、GoProのような開放感のある映像がiPhoneで撮影可能になるはずだ。

また、フロントカメラと超広角レンズにはブラックでコーティングされたレンズが新たに採用される。コーティングされたブラックレンズによってカメラのレンズが目立たなくなるという。レンズが目立たなくなることは歓迎したいが、トリプルカメラはボディから突出した土台に3つのレンズが配置されるとの噂がある。上記のモックアップのようになればレンズが目立なくてもトリプルカメラの存在感は大して変わらないだろう。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2019/12/07
Kindle、過去最安値でサイバーマンデーに登場

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/07
iPhone 9、“8”と同価格または低価格で発売か

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/06
Apple、2020年に「iPhone 12」や「iPhone SE2」など5機種を発売か
Recommendこんな記事も読まれています