bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone 12、超近距離・高速な新Wi-Fiサポートか。AirDropが高速化?

iPhoneの噂・最新情報

iPhone 12、超近距離・超高速な新Wi-Fiサポートか。AirDropが超高速に?

Appleは今年3月に低価格なiPhone SE2またはiPhone 9とされる新型iPhoneを発売するようだが、秋には「iPhone 12」シリーズの発売も控えている。

フラグシップモデルには、超短距離で高速通信が可能なWi-Fiの新規格に対応する可能性があるようだ。

iPhone12、20Gbpsの短距離・高速通信に対応

Macお宝鑑定団Blogが詳しい情報筋の話をもとにiPhone 12が超近距離無線LAN規格「IEEE 802.11ay」に対応する可能性があると報じた。

802.11ayは、60GHz帯を使用することで20Gbpsの超高速通信を実現する規格(2020年中に最終仕様が決定する予定)。非常に高い周波数帯を使用するため、電波は直進性が高く回り込みができない。数十メートルの範囲でのみ超高速通信が可能で、壁を超えた通信も困難とされている。

こういった特性から使用される場面は屋内でにおいて、デバイス間の転送スピードを大幅にアップさせることが想定されている。最初に思い浮かんだのはAirDropの超高速化だ。

iPhoneで撮影した写真や動画は年々容量が大きくなっていて、複数のデータをAirDropで一気に送ると遅いと感じることがある。

ただ、Macお宝鑑定団Blogはデバイス間のデータ転送以外にも多方面で使用される可能性があると伝えている。

「iPhone 11」の後継機も登場?

iPhone 12シリーズはすべてのモデルが有機ELディスプレイを搭載すると報じられていたが、1機種だけ液晶ディスプレイを搭載する可能性があるようだ。iPhone 11の販売が好調であることを考えれば後継機の発売は妥当だろう。

液晶ディスプレイを搭載するiPhoneの画面サイズは不明だが、iPhone 12は上位と下位モデル2機種ずつのラインナップと噂されており、低価格な下位モデル2機種のどちらかになることが予想される。

下位モデルは5.4インチと6.1インチの2機種が用意されるようだが、6.1インチは上位モデルにも存在することから、6.1インチのうち1つが液晶ディスプレイを搭載するのではないだろうか?

  • 上位モデル
    • 5.4インチ: 有機ELディスプレイ
    • 6.1インチ: 有機ELディスプレイ
  • 下位モデル
    • 6.1インチ: : 液晶ディスプレイ?
    • 6.7インチ: : 有機ELディスプレイ

紛失防止タグ「AirTag」は完全防水に

2020年中に発売が噂されている紛失防止タグ「AirTag」の情報もある。「AirTag」は完全防水になるそうだ。また、バッテリーを搭載することで使い捨てではなく繰り返し使えるという。

AirTagの充電にはApple Watchのマグネット式充電に似た方式が採用されるとのこと。

もし独自の充電方式/充電器となったとしても一般的な紛失防止タグは1年に1回の電池交換で済むため、AirTagにおいても頻繁に充電する必要はなく、わずらわしさはなさそうだ。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2020/09/30
楽天、5G対応の独自スマホ「Rakuten BIG」発売。カメラ内蔵ディスプレイ採用

楽天モバイル

2020/09/30
速報:楽天、5G料金プラン発表。他社よりも7割安い料金に

Pixelの噂・最新情報

2020/09/30
Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」
Recommendこんな記事も読まれています