iPhoneの電池が切れてもSuicaが使える「予備電力機能付きエクスプレスカード」

bio
Yusuke Sakakura

iPhoneの電池が切れてもSuicaが使える「予備電力機能付きエクスプレスカード」

Appleが9月21日(金)に発売する「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」には“予備電力機能付きエクスプレスカード”が搭載されている。

Appleのサイト上には詳細な説明書きはないため、“予備電力機能付きエクスプレスカード”がどういった機能なのか問い合わせてみた。

iPhone XR/XS/XS MAXが対応。Apple Watch Series 4は非対応

Apple チャットスペシャリストによると、「“予備電力機能付きエクスプレスカード”とは、 iPhoneのバッテリーが切れてしまった場合にも、予備電力でSuicaなどのカードを利用することができる機能」とのこと。

iPhone XR・XS・XS Max、電源が切れてもSuicaなど電子マネーが利用可能に

2016年に発売されたiPhone 7シリーズからFeliCaを搭載し、Suicaなどが利用可能になっているが、バッテリーや電池が切れてしまうと改札を通り抜けできず、改札横の駅員に事情を説明する必要があったが、新型iPhoneではそれが不要になるということだ。ただ、エクスプレスカードとして設定できるカードに限定されるため、iDやQuicPayは対応しない。また、あくまでも予備電力で動作しているため、iPhoneのバッテリーが完全に切れてしまった場合は動作しないようだ。

また、残念ながら最新の「Apple Watch Series 4」には“予備電力機能付きエクスプレスカード”が搭載されていないとのこと。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています