bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE MUSIC、LINEの音楽聴き放題サービスがまもなくスタート

LINE

LINE MUSIC:LINEの音楽聴き放題サービスがまもなくスタート

2013年にサービスが発表され、昨年10月に聴き放題のサービスになること、リリース時期はそう遠くないことなどの詳細を含めて再発表された「LINE MUSIC」ですが、ティザー動画が公開され、近日中にサービス開始となることが明らかにされました。

LINE MUSICがまもなく登場。トークアプリのLINEで音楽のシェアが可能

LINE MUSICのサービス内容は、定期課金型の音楽聴き放題サービスであること以外の内容は明らかにされていませんでしたが、今回公開されたティザー動画からは、さらなるサービス内容をうかがい知ることができる内容になっています。


ティザー動画には、LINE MUSICのアプリが一瞬写ったり、

LINE MUSIC:LINEの音楽聴き放題サービスがまもなくスタート

トークアプリの本家LINEアプリに音楽をシェアする様子が写っています。

LINE MUSIC:LINEの音楽聴き放題サービスがまもなくスタート

LINE MUSICのサービスの詳細や開始日時は後日発表

「LINE MUSIC」は、これまで聴くことで楽しんでいた音楽をトークアプリのLINEと絡めてシェア機能を付加することで、新しい価値を生み出そうとしているようです。

聴き放題の音楽サービスであることも注目すべきところではありますが、海外ではSpotify、国内でもソフトバンクとエイベックスが提供する「UULA」、最近ではサイバーエージェントとエイベックスの「AWA」がスタートしていますが、イマイチ定着していないように思えます。(AWAはこれからのサービスですが)

というのも、日本にはTSUTAYAやGEOなど格安で音楽を楽しめるCDのレンタルショップがあることや、CDに握手券やライブの抽選権やチケットそのものを特典として封入する特典商法が蔓延していること、YouTubeなどで違法配信されている音楽を積極的に楽しむ人が多いといったことがあげられます。

日本ではコミュニケーションツールとして欠かせないLINEと定額制の音楽聴き放題サービスがミックスすることでこういったものを打ち破って普及していくことになるのか、注目したいですね。

と言いつつも、自分はやっぱりiTunesで買っちゃう気がしますね。iPhoneやMacユーザーならば、音楽関係はアップルにどっぷりと浸かってしまう方が色々と楽ですしね。

ちなみに、LINE MUSICの詳細は近いうちに発表されるとのこと。

提供される楽曲については、LINEとエイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントの三者が共同出資したLINE MUSIC株式会社で「LINE MUSIC」が運営されることから、エイベックスやソニー・ミュージックが管理する楽曲を楽しめる可能性が高そうです。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2019/06/15
DAZN、2ヶ月無料のキャンペーン開始。コパ・アメリカ全試合独占配信

ソフトバンク

2019/06/15
ソフトバンク、「Pixel 3」を最大5.5万円の大幅値下げ

Apple Music

2019/06/15
安室奈美恵の楽曲がサブスク解禁。Apple Musicで全曲独占配信

Pixelの噂・最新情報

2019/06/15
Pixel 4、発売前に実機が目撃される。巨大ベゼル採用か
Recommendこんな記事も読まれています