bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/02/21 17:00
  • トップページ
  • LINE
  • LINE、旧バージョンに盗聴や内容改ざんの恐れ
  • LINE、旧バージョンに盗聴や内容改ざんの恐れ

    LINEがiPhone向けに提供するiOSアプリの旧バージョンにおいて通信内容の盗聴や改ざんの恐れがあると案内した。すでに問題は修正されているが現在もアップデートしないまま旧バージョンを利用している場合は影響を受ける可能性がある。

    外部サービスのIDやパスワードも盗聴の対象。テキストによるトーク内容は対象外

    LINEの案内によると、iOS版のLINEアプリにおいてサード・パーティ製SDKの脆弱性に起因するSSLサーバー証明書の検証不備の脆弱性が発見された。この脆弱性によって悪意を持って設置されたWi-Fiアクセスポイントなど信用できないネットワークを使って特定の暗号通信を行った場合、通信の内容を盗聴されたり改ざんされる恐れがある。

    LINE内で表示される各サービスや外部サービスを利用する際の通信(外部サービスのID、パスワード等を含む)が対象。LINEのテキストによるトーク内容、パスワードなどLINEのログイン情報、無料通話、ビデオ通話は影響を受けない。

    また、バージョン7.1.3〜7.15での通信分が対象となっているため、きちんとアップデートを行っていれば2017年3月28日〜2017年11月24日の期間内のみ影響を受ける。ただし、LINEアプリをアップデートしていない場合は今現在も盗聴や改ざんの恐れがある。アップデートを放置している人はApp StoreからLINEアプリをアップデートしておこう。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    LINEの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー