LINE、ガラケー向けサービスを2018年3月に終了

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2017/12/27 13:42

LINE、ガラケー向けサービスを2018年3月に終了

LINEが2018年3月をめどに携帯電話版LINE、いわゆるガラケー向けのサービスを終了すると発表した。2018年1月中旬以降に新規登録も終了する。

ガラケー版LINEのユーザーが94.5%減少

2011年にサービスを開始した携帯電話版のLINE、コミュニケーションをより幅広く利用してもらうためにスタートしたが、スマートフォンの普及によってユーザーが年々減少し、2012年11月時点から5年間で94.5%も減少したことから、スマートフォン版でより良いサービス提供に集中するために提供を終了する。

提供終了となるのはブラウザを利用するフィーチャーフォンでアプリを利用するAndroid搭載のガラホではこれまでどおりLINEを利用できる。引き続きLINEを利用する場合(同じLINEアカウントを引き続き利用する場合)はサービス終了日までにパスワードを設定・登録したあと、スマートフォンまたはPC版のLINEでログインするよう案内している。

なお、Twitterも2015年にSSL/TLSに対応していない一部ガラケー向けのサービス提供を終了している。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています