楽天モバイル、新プランで申込み4倍に。1年間無料キャンペーンは残り50万人

楽天モバイル

楽天モバイル、新プランで申込み4倍に。1年間無料キャンペーンは残り50万人

2月12日、楽天モバイルが2020年度通期及び第4四半期の決算説明会を開催し、2月8日末時点での累計の契約申し込み数が250万を突破したと発表した。

1月29日の新料金プラン発表時は220万人と発表していたため、わずか10日ほどで約30万契約を獲得したことになる。これによって先着300万人を対象にした1年間無料で使えるキャンペーンの残り枠は50万となった。

ネットワークの高密度化でエリア内の繋がりやすさ向上を目指す

今年4月にスタートする新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」は、1GBまでなら無料、3GBまでなら980円、20GBまでなら1,980円、20GBを超えると2,980円の段階制で提供される。

他社が20GB・2,980円のプランを発表するなかで、楽天の“1GBまで無料”のインパクトは大きく、新プラン発表後の申し込み数は約4倍に成長しているという。ちなみに、新プラン発表前の獲得ペースは1日平均で7,000件強であることを明かしていた。

楽天モバイルの顧客獲得ペース

注目を集める一方で対応エリアには不安の声も多い。

ドコモ、au、ソフトバンクに比べてエリアが狭い上に、エリア内であっても地下などで圏外になることもあるが、現在の人口カバー率74.9%を今年夏までに96%まで引き上げる計画で、エリア内においても繋がりやすさ向上のためにネットワークを高密度化を進める。

具体的には4G屋外基地局数を当初の計画である27,397局から44,000局まで大幅に増やすとのこと。

楽天モバイルの顧客獲得ペース

なお、5Gについては第2四半期に“真の5G”と言われる低遅延と多接続を可能にする5G SA(スタンドアロン)のサービスを開始する予定とした。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2021/02/26
キャリアメール持ち運び、総務省「ahamoも対象にすべき。来夏までの実現が適当」

au

2021/02/26
ドコモとKDDI、解約手続きページを検索結果から除外。総務省指摘で修正

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超
Recommendこんな記事も読まれています