楽天モバイル、東京でauエリア終了。来年3月末に千葉・神奈川でも終了

bio
Yusuke Sakakura

楽天モバイル、東京でauエリア終了。来年3月末に千葉・神奈川でも終了

自前のネットワークの楽天回線エリアとauネットワークのローミングによるパートナー回線エリアで通信サービスを提供している楽天モバイル

昨年10月から一部地域でパートナー回線の提供終了が発表されており、今年の3月末をもって東京都(一部を除く)で提供終了となった。

新たに2022年3月末に千葉県、神奈川県でパートナー回線エリアの提供終了が発表されている。

パートナー回線の提供終了による影響は?

楽天モバイルは2026年3月31日までKDDIのローミングでパートナー回線エリアを提供する予定だが「人口カバー率70%を上回った時点で両社の協議を以て、各都道府県のローミング提供の継続・終了を決定」すると説明している。

昨年10月、KDDIのウェブサイトでは2020年10月以降に順次終了する都道府県として東京都、大阪府、奈良県(いずれも一部)が掲載され、東京都については2021年3月末に原則終了と案内されていた。

4月1日時点ではローミング提供終了エリアとして東京都 (一部除く)、ローミング提供順次終了エリアとして宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、奈良県、愛媛県、福岡県が掲載されている。また、千葉県、神奈川県については2022年3月末に原則終了するという。

ローミング提供順次終了エリア
  • 宮城県
  • 埼玉県
  • 千葉県
    • 2022年3月末に原則終了
  • 神奈川県
    • 2022年3月末に原則終了
  • 新潟県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 広島県
  • 奈良県
  • 愛媛県
  • 福岡県

楽天モバイルはパートナー回線の提供終了による影響について基本的に問題はないものの、ごくごく一部で繋がらなくなったユーザーもいることから基地局の至急建設や無料で使えるMVNOの端末を渡すなどの対応を行っていると説明していた。

なお、楽天回線エリアは2021年夏頃に全国人口カバー率が96%に到達する見込みとなっている。楽天モバイルのエリアマップは公式サイトで確認できる。

エリアマップ

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています