楽天0円プラン廃止で3割超が解約・のりかえ検討。サブ利用は6割超。人気移行先はダントツでpovo

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/06/30 10:05

楽天0円プラン廃止で3割超が解約・のりかえ検討。サブ利用は6割超。人気移行先はダントツでpovo

楽天モバイルがきょう6月30日をもってデータ通信量が1GBまでなら0円で使える料金プランを廃止し、7月1日から1GBまで980円の新料金プランを開始します。

ワンプランをウリにしている楽天モバイルは、旧料金プランの新規受付を停止し、既存ユーザーについても新料金プランに強制移行させることから0円プランは、実質最大4ヶ月無料キャンペーンの後に完全廃止になります。

新料金プラン発表会の質疑応答にて三木谷社長が「0円でずっと使われても困る」と本音を漏らしたこともあって、多くのユーザーが批判の声を浴びせるなか、既存ユーザーの3割超が0円プランの廃止によって解約または他社へののりかえを検討していることがわかりました。

LINEMOやUQ mobileなど、きょうまで大規模なキャンペーンを開催中

MMD研究所が6月10日〜13日に、楽天モバイルをメイン回線として利用する1,872人に対して調査を実施したところ、65.4%が「継続して利用する」と答えた一方で、29%が「乗り換えを検討している」、5.7%が「解約を検討している」と回答したとのこと。

また、楽天モバイルをサブ回線として利用する432人のうち、32.7%が「乗り換えを検討している」、32.6%が「解約を検討している」と答えたことがわかりました。

楽天ユーザーの継続・のりかえ・解約意向

楽天ユーザーの継続・のりかえ・解約意向

同調査では、0円プラン廃止の影響を受けるユーザの割合も実施しており、メイン利用している48.9%およびサブ利用している62.8%がデータ通信量が1GB以下と回答。当然ながら0円プラン廃止の影響を受けるサブ利用者の方が解約検討率が多くなっています。

のりかえを検討している移行先のサービスとして人気だったのは、やはり基本料0円で使えるpovoで、メイン利用の36.8%およびサブ利用している44.0%と他社を大きく引き離しています。

楽天ユーザーのデータ通信量

楽天ユーザーのデータ通信量

のりかえ検討先の通信会社

のりかえ検討先の通信会社

なお、povoでは半年間のトッピングの購入がない場合、強制解約・利用停止になりますが、半年おきに220円の「smash.使い放題パック(24時間)」を購入することで回避できます。ちなみに、楽天モバイルについても半年間の利用が一切ない場合は利用停止の末、強制解約になる場合があります。

他社は楽天モバイルからのりかえを検討するユーザーをターゲットにした大規模なキャンペーンを実施中。

LINEMOは、キャンペーンページを経由して、のりかえで「スマホプラン」に加入したユーザーを対象に6月30日まで12,000円相当のPayPayポイントを還元。UQ mobileでは、6月30日まで最大18,000円相当のau PAY残高を還元するキャンペーンを開催中です。

オンラインショップで購入

ahamo

povo

LINEMOLINEMO

Rakuten

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています