bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ワイモバイル、実質0円取りやめも「iPhone 5s」の初回出荷分が売り切れ

iPhone 5s

ワイモバイル、実質0円取りやめも「iPhone 5s」の初回出荷分が売り切れ

ワイモバイルが、3月4日に発売した「iPhone 5s」ですが、オンラインショップの初回出荷分が売り切れとなり、今から注文すると約1週間後の「3月中旬以降」の発送になるようです。

実質0円とりやめも、オンラインの初回出荷分売り切れ

ワイモバイルから販売される「iPhone 5s」の価格は、「実質0円」からと、プレス向けに事前案内されていたものの、発売当日には実質2,400円と発表されました。

2年前に実質0円で販売されていたものが売れるのか、魅力がない、という声もありましたが、ワイモバイルオンラインでは初回出荷分が発売から3日間で売り切れとなりました。

ワイモバイルの料金プランは、1GB・月額2,980円 / 2GB・月額3,980円 / 5GB・月額5,980円。さらに、10分以内の音声通話を月300回まで無料で利用することができるため、低価格な料金プランも魅力的に映っているのかもしれません。

ちなみに、総務省は実質0円廃止の対象に、在庫の解消が見込めない旧機種などの端末を含めていません。これに従ってドコモも実質0円での販売を継続していますが、今回のワイモバイル版のiPhone 5sは、旧機種を新たに発売するケースです。この場合は、実質0円廃止の対象になるということなのかもしれません。

2次出荷分からはラインナップ強化も

なお、初回出荷分では、16GBモデルはシルバーのみ、32GBモデルはスペースグレイのみを販売していましたが、2次出荷分から32GBモデル・シルバーの販売も開始するなど、ラインナップの強化も行われています。ちなみに、16GBモデルのスペースグレイは「入荷未定」とのこと。

ワイモバイル、実質0円取りやめも「iPhone 5s」の初回出荷分が売り切れ

事前に初回出荷分はわずかとアナウンスされていたため、ある程度は予想のついた結果ですが、それでも発売から3日間で初回出荷分が完売は早いと感じます。

端末代込みで2GB・月額2,980円(学割適用時)でiPhoneが使えるというのは、それなりにニーズがあったということでしょうか。FacebookやTwitterでは、子どもに持たせるスマートフォンとして良いかもという声も聞こえてきました。時期的にこれからが卒業・入学シーズンなので、子ども向けの需要はありそうです。

なお3月下旬〜4月上旬には4インチ・新型モデルの「iPhone SE」が発売される見込み。おそらく、ワイモバイルからではなく、ソフトバンクからの発売になることが予想されます。

iPhone 5s(16GB)

端末価格:63,504円
月額割引:-60,912円
実質支払金:2,592円
※「スマホプランL」契約時の価格

iPhone 5s(32GB)

端末価格:69,984円
月額割引:-67,392円
実質支払金: 2,592円
※「スマホプランL」契約時の価格

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/23
1つの電話番号を2台で共有できる「ワンナンバーフォン」の発売日は10月26日に

iPhone XR

2018/10/23
Apple幹部、iPhone XR・XSの名前について“特に意味はない”とコメント

iPadの噂・最新情報

2018/10/23
新型iPad Pro、最新の噂をまとめたレンダー画像が登場

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/10/22
iPhoneの通知を一時的に非表示にする「おやすみモード」の使い方
Recommendこんな記事も読まれています