bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-06-07 18:00:00
  • トップページ
  • ニュース
  • 2013年5月度の携帯電話純増数、ソフトバンクが1年5ヶ月連続純増首位を獲得!ドコモは先月比+9万700件の純増に。
  • 2013年5月度の携帯電話純増数、ドコモは先月比+9万700件の純増に
    TCAが2013年5月度の携帯電話・PHS契約数を発表しました。発表によると純増数はソフトバンク、MNPではauがトップとなっています。

    ドコモ、2013年夏モデルが好調もMNPでの転出はとまらず

    純増数(新規契約から解約を差し引いたもの)では、ソフトバンクが29万8000件でトップ、auが27万4000件で2位。ドコモは9万2000件で3位となっています。

    MNPでは、auが8万1600件のプラスで1年8ヶ月連続トップを維持。2位はソフトバンクの5万2300件で、3位はドコモで、13万5800件のマイナスとなっています。

    ドコモは、2013年夏モデルの販売好調が原因で純増数を一気に増やし、今年2月から4ヶ月連続で純増を記録したものの、2キャリアと比較すると大きなひらきがあります。

    通信モジュールを除いた場合、今月もauがトップに

    3月、4月と通信モジュールの純増数を除いた場合、auがソフトバンクの純増数を上回る結果となっていました。

    今月の結果を見てみると、ソフトバンクが21万9060件、auが26万3200件となっており、今月もauがソフトバンクを上回っています。

    ちなみに、ドコモの通信モジュールのみの純増数は6万9700件となっています。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー