bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • お役立ちコンテンツ
  • ibisBrowserDXがauに対応。
  • ibisBrowserDXがauに対応。
    アイビスは、auのオープンアプリプレイヤー搭載機に対応したフルブラウザアプリ「ibisBrowserDX」の提供を開始した。

    ibisBrowserDXは、タブ機能を搭載したPC用のWebページが閲覧できる携帯端末用アプリケーション。
    ibisBrowserは、これまでFOMA用として提供されていたが、auからJavaアプリを実行できるオープンアプリプレイヤー搭載機が登場したことにより、auケータイ用のibisBrowserが提供可能になった。

    対応機種となるのはW51SA、W51S、W51H、W51CAの4機種。

    ちなみにauの携帯電話に搭載されているPCサイトビューアーでPCサイトを閲覧する場合、パケット定額サービスを利用しても最大で5985円となるがibisBrowserで閲覧する場合には月額最大4410円で利用可能となるため1ヶ月で最大1575円オトクに利用できる。
    ibisBrowserの月額利用料金は315円。年額利用料金では3000円となる。

    ibisBrowserDXの特徴として以下があります。
    1.タブ切替:最大15個まで開くことができます。
    2.Google検索:Googleページを呼び出さずに、いきなり検索文字を入力してGoogle検索ができます。
    3.Yahoo検索:Yahooページを呼び出さずに、いきなり検索文字を入力してYahoo検索ができます。
    4.ページ内検索:ページ内に出現する文字を検索することができます。
    5.iモードで開く:現在表示しているページを端末内蔵のiモードブラウザで開くことができます。
    6.ショートカットキー:[1]~[9]、[*]、[0]、[#]によく使うコマンドを割り当ることができます。

    ドコモ版では、90xシリーズ,F702iD,M702iS,M702iG,N703iDに対応しています。

    ダウンロードは以下より。
    ibisBrowserDX
    ibisBrowserDX
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    お役立ちコンテンツの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー