2013-09-26 19:19:07
  • トップページ
  • Appleニュース
  • Apple日本法人に3億円超の損害賠償支払い命令ー日本では初のケースに
  • Apple日本法人に3億円の損害賠償支払い命令ー日本では初のケースにPhoto By Dave Hill
    ソフトウェア開発会社を経営する男性が特許を侵害されたとして、Appleを相手取り100億円の損害賠償を求めていた裁判にて、東京地裁はAppleに対し約3億円6000万円の損害賠償を命じました。

    Appleの特許侵害により損害賠償が命じられたのは日本で初のケースとなります。

    男性は金額が不服として控訴する方針

    時事通信によれば、Appleの特許侵害が認められたのはオーディオプレーヤーのiPodシリーズで広く採用されている「クリックホイール」とのこと。
    訴状などによると、問題となったのは「クリックホイール」と呼ばれるアイポッド正面の丸い操作ボタンに関する特許で、リング状のタッチセンサーとクリックボタンを組み合わせた技術。男性発明家が1998年に開発し、ソフト開発会社が2005年に特許を出願、06年に認められた。

    引用元:アップルに3億円超賠償命令=iPod特許訴訟で敗訴-東京地裁

    男性が求めていた賠償請求額は100億円で、今回の判決ではそのうち約3%しか認めらなかったとして控訴する方針のようです。

    今回問題となった「クリックホイール」は、iPod miniや初代iPod nanoから第5世代までのiPod nano、第4世代のiPod Classic(旧iPod)から今も販売されている第6.5世代のiPod Classicにも採用されています。

    クリックホイールが採用されていて、現在も販売されている製品はiPod Classicしかなく、iPod Classicは2009年を最後に新製品が発表されていません。

    男性は控訴する方針であり裁判は終わっていませんが、AppleがiPod Classicの販売を続ける場合、Appleは男性に対して何らかの形で特許の使用許可を取る形になりますが、もしかすると日本での販売終了となるケースもあり得るのかもしれません。

    ちなみに、男性はAppleに対して販売差し止め請求は行っていないようです。


    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー