2014-01-17 20:25:19
  • トップページ
  • ニュース
  • Google、医療用の「スマートコンタクトレンズ」を開発中と公式発表
  • Google、医療用の「スマートコンタクトレンズ」を開発中と公式発表
    Googleのウェアラブルデバイスと言えばメガネ型の「Google Glass」があります。これまで開発者向けに販売されていましたが、今年になって米国在住の一般消費者向けに販売対象を拡大したことでいよいよウェアラブルの時代が来る、2014年はウェアラブル元年だと言われています。

    そんな中、Googleはコンタクトレンズ型のデバイス「スマートコンタクトレンズ」を開発中であることを公式に発表しました。

    血糖値の管理を容易にするスマートコンタクトレンズ

    Googleの公式ブログによれば、現在開発中の「スマートコンタクトレンズ」を装着することにより、血糖値の管理ができるとのこと。これまでは血糖値を計測するには血液検査が必要でしたが、「スマートコンタクトレンズ」によって劇的に容易になるとしています。

    また、今後の予定としてコンタクトレンズ内にLEDを内蔵することで血糖値の急激な変化が確認できるようになるとのことです。

    ただし、Googleは既にテスト段階に入っているものの、まだまだ開発の初期段階であり、一般向けに販売されるのは先の話と伝えています。

    ウェアラブルへの応用を期待

    スマートコンタクトレンズはあくまでも医療用ということですが、今後スマートコンタクトレンズで培われた技術がウェアラブルに発展し、一般向けに普及する可能性も十分あるのではないかと思っています。

    いよいよ一般向けに販売が始まったGoogle Glassは普段メガネをかけない人にとっては”面倒”という声もあり、Googleの社員さえも装着するのを嫌がっているとも報じられていますが、コンタクトレンズであれば普段メガネをかけない人もメガネをかけている人もお気に入りのメガネをかけつつ装着することができるため、そういった声を黙らせることができるかもしれません。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー