bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 携帯電話向けの燃料電池が近年中に登場か
  • NTTドコモとアクアフェアリーが携帯用の燃料電池を開発中ですが、東芝・日立製作所・松下電器産業・ソニー・NECなどが携帯電話やノートパソコン向けに小型燃料電池を2008年以降、順次商品化するそうです。

    NTTドコモとアクアフェアリーによる燃料電池の開発はどうなってしまうのでしょうか?

    従来の2~3倍の電池持ちはとても魅力的です

    携帯向け燃料電池、来年にも商品化――東芝など日米韓大手 ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS

    この記事によると、日米韓の電機大手が中心になってIT機器用燃料電池の国際規格を08年中に策定、燃料成分や安全基準を統一して低コスト生産を可能にするそうです。

    また、東芝などの日本の会社以外に韓国サムスン電子・米燃料電池開発会社のMTIなどが参加しており、策定後は国際電気標準会議(IEC)の国際規格に登録する予定。これにより事実上の業界標準になる公算が大きいとのこと。

    NTTドコモとアクアフェアリーによる燃料電池の開発はどうなってしまうのでしょうか?参加している企業がソフトバンクモバイルやauに端末を供給している印象の強いところばかりですが、NTTドコモは開発した燃料電池を販売する端末に独占して販売するのでしょうか?
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー