2015-10-01 00:55:11
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど
  • NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    NTTドコモが2015-2016年冬春モデルとして、Xperia Z5シリーズ3機種、本日グーグルより発表されたばかりの「Nexus 5X」を含む13機種を発表しました。

    「PREMIUM 4G」を11月上旬に下り最大300Mbpsまで高速化

    iPhone 6s / 6s Plusの発売日となった9月25日に下り最大262.5Mbpsに高速化したばかりの「PREMIUM 4G」ですが、11月上旬には下り最大300Mbpsまで高速化されます。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    対応機種は「AQUOS ZETA SH-01H」と「Wi-Fi STATION N-01H」の2機種

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    これまでは2つの周波数帯を束ねて高速化を実現していましたが、下り最大300Mbpsの高速化は1.5GHz / 2.0GHz / 800MHzの3つの周波数帯を束ねて高速化を実現します。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    下り最大300Mbpsといっても理論値であって実行速度とは大きな差はあるものの、9月から下り最大225Mbpsに高速化された「PREMIUM 4G」とLTE通信速度を山手線で計測したところ、渋谷駅では最大19倍、6駅の平均は4倍になったとのこと。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    下り最大300Mbpsの「PREMIUM 4G」は、約380都市で開始。2015年度末には約600都市まで拡大される予定です。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    Xperiaなど6機種が生体認証に対応。ケータイ支払いにも利用可

    今夏モデルから生体認証に力を入れているドコモですが、2015-2016年冬春モデルも6機種が生体認証に対応します。前回は非対応となっていたXperiaも3機種が指紋認証に対応します。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    パスワードの代わりに生体認証を利用する決済サービスに、dショッピング、dファッションなどが追加されます。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    12月からはdポイントに対応します。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    生体認証による決済は、TOHOシネマズやTOWER RECORDオンラインなどドコモケータイ払いの加盟店で利用できます。

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを発表――Xperia Z5やNexus 5Xなど

    NTTドコモ、2015-2016年冬春モデルを13機種発表

    ソニーからはXperia Z5 / Z5 Compact / Z5 Premiumの3機種、シャープからはAQUOS ZETA / AQUOS Compactの2機種

    富士通からはMIL規格を14項目クリアしながら、普通のスマートフォンと変わらないボディのarrows NX / arrows Fitの2機種、サムスンからはMIL規格を21項目クリアした「Galaxy Active neo」

    ディズニーモバイルからはAQUOS CompactをベースにしたDM-01H、10.1インチの大画面タブレットdtab

    パナソニックからはガラホではなくiモードに対応したドコモケータイ P-01H、NECプラットフォームズからは下り最大300Mbpsに対応したWi-Fi STATION N-01H

    そして、ドコモのアプリをプリインストールせず、最新のAndroid 6.0を搭載する「Nexus 5X」を含めた13機種が発表されました。発売が2016年になるDM-01HとN-01Hを除いて、予約受付が9月30日より開始されています。

    ▼ドコモが発表した2015-2016年冬春モデルは以下の13機種


    質疑応答

    Q.全体的にスペックを抑え気味、価格もリーズナブルに。その意図は?

    A.ハイスペックのものから価格がリーズナブルなものまで幅広いものを取り揃えている。

    Q.Galaxy Note 5の投入は?2年前にGalaxy Note 3が発売されているため、後継機需要があるのでは?

    A.dtabに焦点をあてるため投入はなし。時期を見て検討する

    Q.Windows Phoneの投入予定は?

    A.投入の予定はない

    Q.春モデルの追加投入はあるのか

    A.今回発表したラインナップが全てとなる予定。投入することがあるかも。状況次第で

    Q.Android 6.0へのバージョンアップを頑張るという発言。2015-2016年冬春モデルのすべてが対象か?

    A.詳細は別途。グローバルからの遅延を縮めたい思いがある。

    Q.海外VoLTE。第一次提供国が韓国になった理由は

    A.VoLTEは全世界で広がっていない。韓国が最初に投入し、次が日本。韓国を選択したのは比較的VoLTEが普及しているため。

    ギャラリー

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー