bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google、Androidアプリ開発コンテストに賞金11億円!

ニュース

Google、Androidアプリ開発コンテストに賞金11億円!

11月5日に携帯電話向けのプラットフォームである「Android」を発表し、本日それのアプリケーション開発コンテスト「Android Developer Challenge」を開催すると発表しました。

用意される賞金は総額1000万ドル。なんと日本円で11億円です!

日本人が作るWM用のアプリケーションは海外で有名なものもあるので是非頑張ってください!

Googleでは応募者の開発したアプリケーションを2008年1月2日~3月3日に受付、3月末までに50個を選び、選ばれたアプリケーションの開発者には開発資金として2万5000ドル、日本円で約275万円が渡されます。

選ばれた50個のアプリの開発者にはさらに10組にしぼられ、27万5000ドル、日本円で約3025万円を渡され、さらに10組には10万ドル、日本円で約1100万円を渡されるという形になります。ちなみに最終的に選ばれた10個のアプリケーション2008年5月末に発表されます。

Androidと搭載した端末が発表または発売される2008年半ば以降には、2回目のコンテストも実施される予定。

アプリケーションを投稿するまでの経過はまず以下のサイトでSDKをダウンロード。
Download the Android SDK – Android

次にアプリケーションを開発し、応募期間中に開発したアプリケーションをGoogleに送付するといった形になります。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12、5G接続時に電池持ち悪化。Androidにも敗北

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問
Recommendこんな記事も読まれています