bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモとソフトバンク、「かんたん携帯 821T」で和解。

ニュース
NTTドコモとソフトバンク、「かんたん携帯 821T」で和解。
NTTドコモやソフトバンクモバイル、富士通、東芝の4社は「かんたん携帯 821T」の販売等の差し止めを求める仮処分命令の申し立てについて和解したことを発表しました。

経緯としては、東芝が開発を手がけ、2008年にソフトバンクモバイルから発売・発表された「かんたん携帯 821T」が富士通製でNTTドコモから発売された「FOMAらくらくホンIII」に酷似しているとして、製造・販売等の差し止めを求める仮処分命令を申し立てていました。

テンキーを見る限り酷似していると言われても仕方がない。

ドコモとソフトバンク、「かんたん携帯 821T」および後継機種に関して和解 – ITmedia +D モバイル

NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、富士通、東芝の4社はNTTドコモやソフトバンクモバイル、富士通、東芝の4社は、かんたん携帯 821T」の販売等の差し止めを求める仮処分命令の申し立てについて和解したことを発表しました。

経緯としては、東芝が開発を手がけ、2008年にソフトバンクモバイルから発売・発表された「かんたん携帯 821T」が富士通製でNTTドコモから発売された「FOMAらくらくホンIII」に酷似しているとしてソフトバンクモバイルが発売する前にNTTドコモと富士通が事前に警告したものの、ソフトバンクモバイルがそのまま発売に至ったため、NTTドコモと富士通は製造・販売等の差し止めを求める仮処分命令を申し立てていました。

その後、4社は19回の審理を行い、「かんたん携帯 821T」とその後継機種に関して和解に至ったとのこと。和解の条件は非公開とされています。

和解に対して、NTTドコモは「市場での公正競争の観点から、制限される部分は明確にできたので、今回の審理は有意義だった。821Tの次期機種に関しても和解することができたので、自社の主張は達成できたと考える。実質的な勝利といっていいだろう」とコメント。
ソフトバンクモバイルは「お客様にも次機種開発にも影響のない形での和解に満足しており、実質的勝利と考えている」とコメントしています。

和解したのはいいですが両者のコメントが悲しいというか寂しいというか・・・。和解したのだから勝った負けたは良いじゃないですか。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/23
+メッセージ、公式アカウント提供へ。レストラン予約や住所の一括変更など可能に

LINE Pay

2019/04/23
iOS版「LINE Pay」アプリの配信開始。超Payトク祭りの上限額が1万円に

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/04/23
最大100W出力のUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」が発売

キャッシュレス

2019/04/23
「ゆうちょPay」が5月8日スタート。口座から即時引落、先着500円プレゼントも
Recommendこんな記事も読まれています