bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018年発売の「iPhone X Plus」、過去最大容量のバッテリー搭載か

iPhoneの噂・最新情報

2018年の新型iPhone、全モデルがバッテリー容量増、電池持ち向上か

Photo by Benjamin Geskin

目で確認することはできないが、今年発売された「iPhone X」には新形状のバッテリーが搭載されている。この新しいバッテリーによって「iPhone X」は小さいボディサイズながらiPhone 8 Plusよりも大容量のバッテリー搭載を実現した。

2018年に発売される新型iPhoneでは、この新形状のバッテリーをさらに進化させることで電池持ちが向上するようだ。

新型iPhone、すべてのモデルでバッテリー容量増、電池持ちアップか

KGI証券のMing-Chi Kuoによると、2018年に発売される新型iPhoneのうち、有機ELを採用した2つのモデルには、iPhone Xに搭載された新形状バッテリーの改善版が搭載されるとのこと。

これまでのiPhoneにはストレートな形状のバッテリーが搭載されていたが、iPhone Xでは、より大容量を搭載するために2つのバッテリーをつなぎ合わせた2セル・L字型の新形状を採用した。これによってiPhone 8 Plusを上回る容量のバッテリーを搭載したが、改善版の新形状バッテリーは1セル・L字型、つまり複数のバッテリーをつなぎ合わせるのではなく、1つのバッテリーとすることで容量をアップするとしている。

2018年の新型iPhone、全モデルがバッテリー容量増、電池持ち向上か

iPhone Xのバッテリー / Photo by iFixit

改善版の新しいバッテリーによってiPhone Xの後継モデルとなる5.8インチモデルは容量が10%もアップした2,900mAh〜3,000mAhに、iPhone X Plusとして噂されている6.5インチモデルには過去最大となる3,300mAh〜3,400mAhの大容量バッテリーが搭載されるようだ。

なお、低価格で販売と噂されている6.1インチの液晶モデルは、コストを抑えるためにiPhone 8/iPhone 8 Plusと同じ2セル・ストレート型を採用するが、バッテリー容量はアップすると伝えている。

2018年に発売されるiPhoneは、有機ELを採用した画面サイズが異なる5.8インチ、6.5インチの2モデルと液晶を採用した6.1インチの合計3モデルが登場し、すべてのモデルに顔認証「Face ID」が搭載されると噂されている。6.1インチの液晶モデルはiPhone 7シリーズのようなカラフルな金属のバックパネルを採用し、ワイヤレス充電に対応しないなど低価格な分だけ性能差が付くようだ。なお、5.8インチと6.5インチに性能差があるかはわかっていない。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/25
任天堂、新作アプリ「マリオカートツアー」のテスト参加者を募集

PayPay

2019/04/25
PayPay、月替りでおトクなキャンペーン「ワクワクPayPay」を6月から実施〜LINE Payに対抗

PayPay

2019/04/25
PayPay、還元率を6倍の最大3%にアップへ。新しいくじ「PayPayチャンス」も

AirPods

2019/04/25
AirPods 3、新デザイン採用で早ければ2019年末に発売か
Recommendこんな記事も読まれています