アップル、GoogleVoiceのAppStore登録を拒否。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:24

アップル、GoogleVoiceのAppStore登録を拒否。


Googleが開発を手がけたiPhone向けの「Google Voice」をアップルがAppStoreへの登録を拒否していたことが明らかになりました。

「Google Voice」は職場の電話や携帯電話などのモバイル機器、ホテルの部屋に付いている電話、Skypeを統合的に管理できるサービスです。

Apple vs Google?

アップル、「iPhone」向け「Google Voice」をApp Storeで認めず:モバイルチャンネル – CNET Japan

AppleがAppStoreへの承認を拒否したのはGoogleが開発を手がける「Google Voice」

Google Voiceはあらかじめ登録したいずれかの端末に着信があった際、登録した全ての端末に着信を通知する事や留守番電話を着信のあった端末ではなく、登録したいずれかの端末で留守番電話の確認を行う事ができるというもの。

AppleがGoogle Voiceの承認を拒否した理由として、Google Voiceでは無料のテキストメッセージを送信することができる機能(SMSの様に電話料金として課金される)があり、この機能を米国でAppleと独占販売契約を結んでいるAT&Tが拒絶したという噂やAppleはGoogleがAndroidを発表した事でGoogleをライバル視していることなどが挙げられます。

GoogleではiPhoneユーザーにこれまで通りアプリケーションを提供するとコメントしているものの、Googleが開発したアプリケーションがAppStoreへ承認されない様な事象が続くとなるとApple vs Googleという様な構図ができてしまうのかもしれません。

Googleと対決してもAppleにとってメリットが一つもありません。もし、GoogleがGoogleのサービスとアプリケーションをiPhoneで利用不可能にするという決定を下せばiPhoneは大打撃を受ける事になります。今の時代、Googleのサービスが利用できないケータイなど使いものになりません。

AT&Tが「iPhoneを独占しなくなる日がいつかやってくる」という様なコメントをしたのもこういった経緯でAppleとAT&Tが不仲になったからなのかもしれませんね・・・。

そして、AppleがGoogle Voiceの承認を拒否した件でFCCがAppleとAT&Tに質問状を提出したようです。
FCC Opens Inquiry of Apple’s Ban of Google Voice – WSJ.com
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています