京セラ、北米向けにスマートフォンと2Gケータイを提供。

ニュース

京セラ、北米向けにスマートフォンと2Gケータイを提供。


京セラは2010年春にスマートフォンやGSM対応の2Gケータイを北米市場に提供することを明らかにしました。

先月、中国にある携帯電話の工場を閉鎖したばかりですが、北米進出により、事業拡大に備えるようです。

メーカーの海外進出が始まりそうな予感。

京セラ、北米に高機能携帯 海外用第2世代機も開発 モバイル-最新ニュース:IT-PLUS

北米で発売されるスマートフォンと2G端末は、昨年買収した三洋電機ブランドとなり、通信大手のスプリント・ネクステルより販売されます。

シャープは既に中国向けに端末を提供し、来年からNECなどのメーカーが海外向けに端末を提供する予定となっています。
日本の携帯電話市場にて飽和状態が続いてる現在、さらに日本の携帯電話メーカーは海外市場で事業の拡大に動くでしょう。

日本の携帯電話は優れているという評価の一方で世界的なシェアは低い結果になっていますが、これからは海外市場にあった携帯電話を提供していくことで世界的なシェアを高めていって欲しいですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 Pro Maxのサイズ判明か。図面流出

au

2021/04/16
携帯3社、オンラインで端末のみ購入解禁へ。ドコモは非契約者にケータイ補償サービス提供
Recommendこんな記事も読まれています