AndroidがiPhoneの推定出荷シェアを上回る。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:24

AndroidがiPhoneの推定出荷シェアを上回る。


米NPDが米国における2010年1Qのスマートフォン推定出荷シェアを発表しました。この発表によれば、推定出荷シェアにてAndroidがiPhoneを7%上回ったとのこと。

Androidは2位。1位はRIM。

【速報】米国スマートフォン市場,2010-Q1推定出荷シェアでAndroidがiPhoneを上回る!:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ

米NPDの調査によれば2010年1Qの推定出荷シェアは1位のRIM(Blackberryに採用されているOS)が36%、2位のAndroidが28%、iPhoneが21%とのこと。

しかし、この調査内容には法人向けのものが含まれておらず、実際の出荷台数とは異なるようです。また、大手の調査会社の発表値と米NPDが発表したAndroidの推定出荷シェアでは10%の差があるとのこと。さらに、米NPDが発表した数値は消費者向けの既存の資料をベースとしているようです。

アメリカのモバイル市場でトップシェアを誇るVerizonがDROIDをヒットさせたことによって、Androidの知名度とシェアは確実にiPhoneに迫ってると思いますが、まだiPhoneを出荷台数で超えるのは速いんじゃないかなーと思います。

しかし、確実に迫っていることは確かでいずれは追い抜くことも・・・?
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています