bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソニー、「Sony Tablet」を発表!日本ではNTTドコモから発売!

NTTドコモ

ソニーは、AndroidをOSに採用したタブレットPC「Sony Tablet」を発表しました。発表されたのは9.4インチの1280×800ドット表示対応のディスプレイを採用した「Sシリーズ」と5.5インチの1024×480ドット表示対応のディスプレイを採用した「Pシリーズ」の2機種。

ソニー、「Sony Tablet」を発表!日本ではNTTドコモから発売!

SシリーズはWi-FiモデルがAndroid 3.1、3G+Wi-FiモデルがAndroid 3.2を採用。CPUには1GHzのデュアルコアプロセッサとなります。端末はWi-Fiモデルが約598g、3G+Wi-Fiモデルが約625gとなり、どちらのモデルもiPad 2より若干軽くなります。
バッテリーの持ち時間は音楽再生時は最大31時間、動画再生時は最大6時間、ネット接続時はWi-Fi利用時6.2時間、3Gが4.5時間となります。

PシリーズはOSにAndroid 3.2が採用。CPUにはSシリーズと同じく1GHzのデュアルコアプロセッサとなります。重さは約372g。バッテリーの持ち時間は音楽再生時は最大16.8時間、動画再生時は最大6.5時間、ネット接続時はWi-Fi利用時6.1時間、3Gが4.6時間となります。
また、PシリーズはこれまでのタブレットPCとは異なった折りたたみスタイルを採用しており、2つの画面を採用したモデルとなります。

また、両モデルは「PlayStation Certified」プログラムをサポートしており、両モデルで初代プレステのゲームタイトルをプレイすることが可能です。

Sシリーズには、3G+Wi-FiモデルとWi-Fiモデルが用意され、Pシリーズは3G+Wi-Fiモデルが用意されます。また、SシリーズのWi-Fiモデルは16GBと32GBの2種類、3G+Wi-Fiモデルは16GBのみ、Pシリーズは4GBのみのラインナップとなります。

発売日はSシリーズのWi-Fiモデルが9月17日(土)、SシリーズとPシリーズの3G+Wi-Fiモデルは10月~11月に予定されており、NTTドコモからも同時期から発売されるとのこと。

また、端末の価格はSシリーズのWi-Fiモデルのみ発表されていて、16GBモデルが約4万5000円、32GBモデルが約5万3000円となるようですよ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/25
任天堂、新作アプリ「マリオカートツアー」のテスト参加者を募集

PayPay

2019/04/25
PayPay、月替りでおトクなキャンペーン「ワクワクPayPay」を6月から実施〜LINE Payに対抗

PayPay

2019/04/25
PayPay、還元率を6倍の最大3%にアップへ。新しいくじ「PayPayチャンス」も

AirPods

2019/04/25
AirPods 3、新デザイン採用で早ければ2019年末に発売か
Recommendこんな記事も読まれています