bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

「iPhone 4S」が好調!ソフトバンク、19ヶ月連続で純増数1位を獲得。auは2位に。

ニュース
ソフトバンク、19ヶ月連続で純増数1位を獲得。auは「iPhone 4S」が好調で2位に。
2011年10月の携帯電話純増数にてソフトバンクモバイルが19ヶ月連続で首位を獲得しました。2位には同じiPhoneの新機種「iPhone 4S」を販売するau、3位にはドコモがランクインしています。

純増数でauがドコモを上回るのは5ヶ月ぶり。

情報元:ソフトバンク携帯純増で首位、iPhone参入KDDIは転入超で軍配 | テクノロジーニュース | Reuters

1位を獲得したソフトバンクモバイルの純増数は24万7600件で9月の27万5700件から減少したものの、予約数は過去最高に達しており、製品の入荷が追いついておらず今後もしばらくは順調に純増数を稼いでいきそうです。

2位に入ったauの純増数は19万6900となっており、「iPhone 4S」が占める純増数の割合は5割強にも達するとのこと。また、「iPhone 4S」の販売台数の新規契約の割合は約3割となっているようです。

好調な数値をたたき出した2社と異なり、NTTドコモは8万9600件と他社よりも大きく離れた純増数を記録しています。NTTドコモでは冬春向けのモデルの買い控えが起きているため、純増数を伸ばせなかったとしています。

まだ発売されてから1ヶ月も経っていないため、「iPhone 4S」の人気が好調なのは当然というかあたりまえの結果ではあると思いますが、auの純増数の5割強を「iPhone 4S」を占めているというのは驚異的ですね・・・。

今後はauがソフトバンクモバイルを上回るのか注目です。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?

iPad

2019/03/20
新しいiPad mini/iPad Airの価格・料金を比較 最も安いキャリアは?
Recommendこんな記事も読まれています