bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOSにもコードネームが存在する!

iPhone
iOSにもコードネームが存在する!
Androidには「Cupcake」「Donut」「Eclair」「Froyo」「Gingerbread」「Honeycomb」「Ice Cream Sandwich」とアルファベット順にスイーツの名前が使われていることで有名ですが、なんとiOSにも同様のコードネームが存在するようですよ。

なんとも意外なコードネーム!

情報元:AppleInsider | Apple’s secret iOS code names inspired by ski resorts

AppleInsiderによれば、iOSのコードネームはVer1.0が「Alpine」、Ver2.0が「Big Bear」、Ver3.0が「Kirkwood」、Ver4.0が「Apex」、Ver5.0が「Telluride」そして最新の5.1では「Hoodoo」となるようです。

一見何なのかわかりませんが、全て北米のスキー場の名前だそうです。

それにしてもなんでスキー場の名前なんでしょうか。ジョブズがスキーを好き(ギャグじゃないよ)なんて聞いた事ありませんが・・・?

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2019/09/22
iPhone 11を買ったら設定しておきたいこと13のこと

Pixelの噂・最新情報

2019/09/21
Pixel 4、新色はまた変な名前「オーソーオレンジ」か

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11の操作方法・使い方まとめ

iPhone 11

2019/09/20
iPhone 11 Pro/Pro Maxの価格・料金を比較。最も安いキャリアは?
Recommendこんな記事も読まれています