ドコモ、携帯電話純増数で21ヶ月ぶりの1位に。PlayStation VITAの発売で。

Yusuke Sakakura

ドコモ、携帯電話純増数で21ヶ月ぶりの1位に。PlayStation VITAの発売で。


2011年12月の携帯電話契約数でNTTドコモが21ヶ月ぶり-1年9ヶ月ぶりに純増数で首位を獲得しました。
昨年11月にPlayStation VITAの3G+Wi-Fiモデルが発売され、契約済みのドコモのSIMが発売されたことが大きく影響したようです。

ドコモのプリペイド契約数は8400件から20万200件に。

情報元:事業者別契約数(2011年12月末現在)|社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

1位のドコモは42万9900件、2位はソフトバンクモバイルの37万3700件、3位はauの29万4300件となりました。

ドコモの42万9900件の内、プリペイド契約が約20万契約とPlayStation VITAの発売が大きく影響されていることがわかると同時に2012年1月以降の純増数において1位をキープできるかは微妙なところ。また、PlayStation VITAのプリペイド契約を差し引くとauを下回ることから携帯電話の純増数においてはこれまで通りといった感じ。

また、ドコモではXi(クロッシィ)の契約数が100万契約を突破。2011年12月分のみで49万契約と大きく契約数が伸びています。Xi対応のスマートフォンが販売されたことが大きく影響し、テザリングを利用した場合の料金を大幅に抑えられるFOMA端末でのXiプランの契約が多少なりとも影響してそうです。

MNPではauが5万5400件で1位、ソフトバンクモバイルが3万9000件で2位、最下位はドコモの-9万4400件となりました。「iPhone 4S」を発売する2キャリアが1人勝ちしているようですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています