bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

23年度の携帯電話メーカーシェア、富士通が初の首位に。Appleは2位。

ニュース
23年度の携帯電話メーカーシェア、富士通が初の首位に。Appleは2位。
MM総研の調査結果によれば、23年度の携帯電話出荷台数のメーカー別シェアで富士通が初の首位を獲得したようです。
富士通は17.9%のシェアを獲得して初のトップシェアを獲得(MM総研が調査を開始した12年度以降において)。
2位はAppleで17%のシェアを獲得。伸び率では富士通の14倍となっています。

トップシェアとなった富士通は「ARROWS」や「REGZA Phone」などブランド力のあるスマホが人気となったことが大きな原因となってそうですね。特に2011年冬春モデルの「ARROWS X LTE F-05D」はBCNが発表する販売ランキングにおいて長期間にわたって首位を獲得するなどヒット商品となりました。

Appleは2011年10月と遅めではありますが、auがiPhoneの販売を手がけたことでシェアを大きく伸ばす原因となったようです。

また、23年度は初めてスマホの出荷数がフィーチャーフォンを上回り、総出荷数数台数の56.6%を占める結果となりました。MM総研では24年度は約70%になる見込みとしています。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/20
ドコモ、MNPの「iPhone X」を一括価格1.5万円に値下げ

iPadの噂・最新情報

2018/10/20
新型iPad Pro(2018)の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

ニュース

2018/10/19
ファミリーマート、スマホのバーコード決済に対応へ〜LINE Payなど6種類

Apple Watch

2018/10/19
MacBookでの充電に最適な「Apple Watch磁気充電 - USB-Cケーブル(0.3m)」が発売
Recommendこんな記事も読まれています