iPhone5にはサムスン製のクアッドコアプロセッサが採用されるかも。

bio
Yusuke Sakakura

iPhone5にはサムスン製のクアッドコアプロセッサが採用されるかも。

Photo By jeanbaptiste maurice
8月~10月の発売が噂される「iPhone5」。ディスプレイがインチアップするなど最近のスマートフォンの流行りに乗るような形になっていますが、CPUについてもスペックアップされクアッドコアプロセッサが採用されるとの噂が。
Competition of quad-core smartphones to heat up in 4Q12, say sources

DigiTimesは、次期iPhoneとされる「iPhone5」にサムスン電子のクアッドコアプロセッサ「Exynos 4」をベースにした新たなCPUが搭載されると報じています。

「Exynos 4」の特徴は高い処理能力ながら前モデルよりも約20%の省電力化を実現したこと。ちなみに、「Exynos 4」はグローバルモデルの「GALAXY SⅢ」に搭載されています。

処理能力だけでなく処理効率も上がることで省電力が期待できる「Exynos 4」。マルチタスク化やiOS5によりバッテリーの持ちが悪くなったと言われるiPhoneもこれでバッテリーの持ちが改善されるかもしれませんね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています