bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

日中韓スマホ所持率、日本が最も低く、iPhoneの所持率は最も高い。

ニュース

日中韓スマホ所持率、日本が最も低く、iPhoneの所持率は最も高い。

Photo By Sean MacEntee
リサーチパネルエイジアの調べによると、日中韓でのスマートフォンの所持率はなんと日本が最も低い結果となったようです!
日本人のスマートフォン所持率は最低 日中韓調査

調査結果では、韓国が91%、次いで中国が90%、そして日本が44%とスマートフォンの所持率は半分に満たない上、他2国と比較すると大きな開きがあることがわかります。

ケータイの分野では日本はアジアの中で最も進んでいるのだろうなーとか感覚的に思っていましたがそうも言えなくなっているみたいですね。

また、OS別の所持率では日中韓ともに1位がAndroidとなっており、所持率は韓国が74%、日本が60%、中国が51%、日本と韓国で2位となっまiOSは日本が34%、韓国が17%、中国の3位はSymbian OSで16%ととなりました。

韓国のAndroidの所持率が抜けているのはサムスン電子の影響でしょうね。日本のiOSの所持率が飛び抜けているのはやはり他の人と同じものをという心理が働くからなのでしょうか。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応

HomePod

2020/11/24
HomePod mini レビュー

iOS

2020/11/23
iOS 15、初代iPhone SE/6sはアップデート不可?
Recommendこんな記事も読まれています