インセル式タッチパネルの製造はやっぱり困難?「iPhone5」はかなり品薄になるかも。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/03/12 10:20

インセル式タッチパネルの製造はやっぱり困難?「iPhone5」はかなり品薄になるかも。

Photo by nowhereelse
「iPhone5」のタッチパネルには薄型化が可能なインセル式になるとされており、そのタッチパネルの製造を手がけるのはシャープ、LG電子、ジャパンディスプレイの3社と噂されていますが、現時点で大量生産状態にあるのは1社〜2社という状況にあるようです。
情報元
再送:UPDATE1: シャープ<6753.T>、次期iPhone用パネルの量産出荷に遅れ=関係筋 | マネーニュース | Reuters
すでにシャープは少量出荷を始めて徐々に出荷量を引き上げており、近く本格量産が始まる見通しとい …

情報元
シャープ、次世代アイフォーン向け液晶パネルの製造に遅れ=関係筋 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

ロイターとウォール・ストリート・ジャーナルによると、シャープがインセル式ディスプレイの出荷を8月中に予定しながら現在も出荷できてい状況にあるとのこと。

さらに、ウォール・ストリート・ジャーナルではシャープ以外の2社は既に出荷を始めていると報じている一方で、ロイターでは不良品の割合が低い状態にあってインセル式のタッチパネルを大量生産できているのはジャパンティスプレイ1社であると報じています。

ジャパンディスプレイしか量産状態にないというのが本当であれば「iPhone5」の在庫数に与える影響もかなり大きそうですよね・・・。もしかすると発売日の初期出荷分を逃すと次にゲットできるのは遠い先になってしまうかもしれませんね。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています