「iPhone5」が4インチされた場合にどうなるかをわかりやすく説明してくれる動画

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/03/12 10:20

「iPhone5」が4インチされた場合にどうなるかをわかりやすく説明してくれる動画


「iPhone5」ではディスプレイサイズが4インチ(解像度1136×640ピクセル)になると噂されています。
4インチになることでホーム画面にアプリのアイコンを1段、つまり4アプリ分多く配置できるというメリットなどが考えられますが、それらをわかりやすくまとめた動画を紹介します。
動画はMacRumorsが公開しています。


動画では1画面に配置できるアプリの数が1段分増えることやフォルダーに配置できるアプリの数が増えることなどを紹介しています。

メッセージアプリの表示領域が増えるのは嬉しいですよね。iOS5で変換候補リストが追加されたことで表示領域がかなり狭くなってしまってとても使いづらい状況にありましたから。


また、解像度が上がるに伴ってアプリ側の対応は必須かと思われましたが、OSレベルで上下に黒い帯を表示してくれることでそのままアプリを利用できるのも嬉しいですね。


あくまでも噂をまとめた動画なので本当にこうなるかはわかりませんが。全てが明らかになるのは9月13日とされています。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています