bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

地下鉄でのLTE利用状況は速度・エリアともにauが大きく優位に

ニュース

MMD研究所が地下鉄におけるLTEの利用状況を調査したところ、速度・エリアともにauが優位な状況にあることが明らかになりました。

調査はiPhoneとAndroidで実施

MMD研究所の調査は全国6都市、34路線、615駅で実施。

調査にはNTTドコモの「Optimus G L-01E」、auの「AQUOS PHONE SERIE SHL21」、ソフトバンクモバイルの「MOTOROLA RAZR M 201M」、そしてauとソフトバンクモバイルのiPhone5の5台となります。

iPhone5におけるLTE利用駅数は500駅の大差!

地下鉄のホームにおけるLTEの捕捉率はAndroid、iPhone5ともにauが他キャリアを大きく上回る結果になりました。


AndroidのLTE捕捉率はauが598駅の97.2%、ドコモが298駅の48.5%、ソフトバンクモバイルが49駅の8%と、それぞれのキャリアに大きな差がでています。

iPhone5のLTE捕捉率はauが567駅の92.2%ソフトバンクモバイルが67駅の10.9%と、こちらも大差をつけてauがソフトバンクモバイルを上回る結果となっています。

通信速度も大差でauが優位に

地下鉄のホームにおけるLTEの通信速度においてもAndroid、iPhoneともにauが他キャリアを大きく上回る結果となりました。


AndroidのLTE通信速度は、auが下り平均24.47Mbps、ソフトバンクモバイルが下り平均9.67Mbps、ドコモが下り平均6.39Mbpsと、auが他2キャリアを大きく離す結果となりました。

iPhone5のLTE通信速度は、auが下り平均12.40Mbpsソフトバンクモバイルが8.64Mbpsと、こちらもauがソフトバンクに大きな差をつけています。

地下鉄を利用する人はauがオススメ!

今回MMD研究所が発表した結果の通り、実際の使用感においてもauのiPhone5が地下鉄でLTEをつかむ可能性は非常に高いです。

今回の調査はホームにて実施されたようですが、トンネル内でLTEをつかむエリアも増えてきていますし、通勤等において地下鉄をよく利用する人は今回の調査結果を加味してキャリア選びすると良いかもしれませんね。

また、MMD研究所では路線別、ホーム別の捕捉率と通信速度が詳細データを参照することができます。
情報元
全国主要地下鉄でのLTE捕捉は、Android端末、iPhone5ともにauが優位 | MMD研究所

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2018/12/14
Pixel 3/Pixel 3 XL、アップデートでおサイフケータイが起動しない不具合を改善

スマホのアクセサリ・グッズ

2018/12/14
500個限定・500円オフ、2種類の入力端子&超大容量バッテリー「Anker PowerCore Lite 20000」発売

スマホアプリ

2018/12/14
ポケモンGO、あす早朝から伝説のポケモン「ルギア」と「ホウオウ」が期間限定で登場

PayPay

2018/12/14
PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」がわずか10日間で終了。新キャンペーンを実施予定
Recommendこんな記事も読まれています