ドコモ、「Xperia Z」で純減から一気に14万の純増を記録!

Yusuke Sakakura

ドコモ、「Xperia Z」で純減から一気に14万の純増を記録!


NTTドコモは2013年1月に1万2900件の純減を記録しましたが、2013年2月は「Xperia Z」の効果もあり、14万3400件の純増に転じました。
情報元
UPDATE1: 2月携帯契約数、ドコモ<9437.T>が純増に戻る ソフトバンク首位維持 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

純増1位は14ヶ月連続でソフトバンクモバイル

2013年2月の純増数はソフトバンクモバイルが25万5300件で1位、auが21万2700件で2位、NTTドコモが14万3400件で3位となりました。

2013年1月に1万2900件の純減を記録したNTTドコモは、一気に約14万件の純増に転じました。
後にTCAから発表されるMNPの動向を確認しないと詳しくはわかりませんが、一気に純増に転じた理由は社長自ら2013年春モデルのイチオシとコメントした「Xperia Z SO-02E」や学生向けの基本使用料を3年間無料にする「応援学割」によるものかと思います。

発売から1週間で初期ロット60万台の1/4となる14万台を販売し、初期ロットのBCNランキングでは、2月9日の発売以降3週連続首位をキープしていることを考えれば、大幅純増に転じてもおかしくはないのかもしれません。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています