bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone、Safariの履歴と検索履歴を消す方法。消せない時の対処方法も

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

【iPhone】Safariの検索履歴をカンタンに削除する方法!

iPhoneやiPadのウェブブラウザSafariで検索するとこれまでに検索したキーワードが記録され、Safariで表示したページが履歴として残ってしまいます。

残った履歴が家族や友だちにもし見られてしまった時に平気でいられる人はほとんどいないはず。ということで当記事ではSafariの履歴と検索履歴を消す方法と履歴が消せない時の対処方法をまとめました。

目次

Safariの履歴をまとめて消す方法

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

Safariでアクセスしたページの履歴をすべて消すには、Safariを起動して右から2番目の本のアイコンをタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

タイトルに「ブックマーク」と表示されていることを確認して「履歴」をタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

右下の「消去」をタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

消したい閲覧履歴の期間を選択すると、iPhoneからSafariの履歴を消すことができます。

Safariの履歴を個別に削す方法

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

Safariでアクセスしたページの履歴を個別に消すには、Safariを起動して右から2番目の本のアイコンをタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

タイトルに「ブックマーク」と表示されていることを確認して「履歴」をタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

消したい履歴を左にスワイプして、「削除」をタップすると、履歴を1つだけ消すことができます。

Safariの検索候補(候補のWebサイト)を非表示にする

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

Safariの検索バーに文字を入力すると「候補のWebサイト」が表示されますが、あくまでも候補であり履歴ではないので、上記で紹介した方法でSafariの履歴を消しても候補が消えることはありません。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

「候補のWebサイト」を非表示にするには設定から「Safari」に進みます。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

「Safari検索候補」のスイッチをオフにします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

すると、「候補のWebサイト」が表示されなくなります。

Googleの検索候補・履歴を消す・非表示にする

Googleの検索候補・履歴を非表示にする

Safariの検索バーに文字を入力すると「Google 検索」の欄にGoogleの検索候補と検索履歴が表示されます。

上記で紹介した方法でSafariの検索履歴を消してもGoogleの検索履歴までは消されません。

Googleの検索候補・履歴を非表示にする

Googleの検索履歴を消すには、設定から「Safari」に進みます。

Googleの検索候補・履歴を非表示にする

「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。

Googleの検索候補・履歴を非表示にする

「履歴とデータを消去」を選択すると、Googleの検索履歴が消されます。
ただし、“消去すると、履歴、Cookie、その他のブラウズデータが削除されます。”との警告メッセージのとおり、履歴以外のデータまで消されてしまうので気をつけましょう。

Googleの検索候補・履歴を非表示にする

履歴以外のデータを消したくない場合は「検索エンジンの候補」のスイッチをオフにしましょう。
このスイッチをオフにすることで「Google 検索」が表示されなくなります。

履歴から検索候補を表示する「トップヒット」を無効にする

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

Safariの検索バーに文字を入力すると「トップヒット」が表示されます。トップヒットは、ブックマークと閲覧履歴にもとづいたウェブサイトが表示されるというもの。

トップヒットに履歴が表示されないようにするには上記の手順を参考に閲覧・検索履歴を消します。ただし、ブックマークしているページはブックマークから消さないかぎり、トップヒットとして表示され続けます。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

なお、トップヒットに表示されるサイトは事前にページの読み込みが完了しているため、高速にアクセスできます。

ページの事前読み込みを行いたくない場合は、「設定」を起動して「Safari」を選択します。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

「トップヒットを事前に読み込む」のスイッチをオフにすると、事前のページ読み込みが表示されなくなります。

Safariに履歴を残さない「プライベートブラウズ」

Safariに履歴を残したくない場合や履歴を残したくないサイトに訪問する場合は「プライベートブラウズ」を利用しましょう。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

閲覧・検索履歴を残さない「プライベートブラウズ」を利用するには、Safariを起動して右下のタブアイコンをタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

続いて左下の「プライベート」をタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

「プライベート」がオンになったら「完了」をタップします。

【iPhone】Safariの閲覧・検索履歴を削除する方法

「プライベートブラウズ」が有効になっていると、検索バーやツールバーが黒背景になります。この状態で検索・閲覧をすると履歴を残さずにSafariを利用することができます。

Safariの履歴が消せない、プライベートブラウズが使えない時の対処方法

当記事のコメントにてご指摘いただきましたが、Safariの履歴、検索履歴を消せない、さらにプライベートブラウズが使えない場合もあります。それはSafariの機能制限がオンになっている時です。

機能制限は親が子どもにスマートフォンを買い与える時や学習用のスマートフォンにおいて一部の機能を制限することで有害なサイトやアプリから守ることができる機能です。

機能制限をオフにするには、設定から「一般」→「機能制限」に進んで機能制限パスコードを入力します。機能制限パスコードはiPhoneの画面ロックを解除するパスコードとはまた別のパスコードです。

Safariの履歴が消せない、プライベートブラウズが使えない時の対処方法 Safariの履歴が消せない、プライベートブラウズが使えない時の対処方法
設定から「一般」→「機能制限」に進んで機能制限パスコードを入力

「機能制限」を解除をタップしてもう一度、機能制限パスコードを入力するか、「Webサイト」に進んで「すべてのWebサイト」を選択すると、Safariの機能制限が解除されて閲覧履歴の削除とプライベートブラウズが利用できるようになります。

Safariの履歴が消せない、プライベートブラウズが使えない時の対処方法 Safariの履歴が消せない、プライベートブラウズが使えない時の対処方法
機能制限で「Webサイト」に進んで「すべてのWebサイト」を選択する
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に

スマホアプリ

2018/07/17
完全新作、人気RPG「アークザラッド」がスマホアプリで復活
Recommendこんな記事も読まれています