iPhone/iPadでおすすめのDNSに変更する方法

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/05/16 20:16

iPhone/iPadでおすすめのDNSに変更する方法

DNSサーバーに障害が発生した時、混雑している時などDNSサーバーが応答せずにインターネットにつながりにくくなることが度々発生します。また、インターネットの通信速度が遅いと感じる時もDNSの設定を変更することで改善されることがあります。

この記事では、iPhoneやiPad、iPod touchなどiOSデバイスでDNSの設定を変更する方法をわかりやすく解説しています。

なお、AndroidのDNS設定・変更方法はこちらの記事で解説しています。

目次

DNSとは?

「http://mobilelaby.com」などウェブページのURLは、“192.168.1.1”など数字をピリオドで区切った形のIPアドレスを人間が使いやすいようにわかりやすく置き換えられたものになっています。このわかりやすい形に置き換えてくれるのがDNS(Domain Name System)で、もしDNSサーバが障害を起こすと、URLからIPアドレス導けなくなるため、目的のサイトにアクセスできなくなってしまいます。

DNSサーバーは複数存在しているので、通常利用している特定のDNSサーバに障害が起きてウェブページにアクセスできなくなった場合は、設定画面にて利用する接続先のDNSサーバを変更することで目的のサイトにアクセスすることができます。

おすすめのDNSリスト

iPhone、iPadでDNSを設定する方法!

無料で公開されているDNSサーバはいくつかありますが、代表的なものは以下のとおりです。特に有名なのはGoogle Public DNSで特定のDNSサーバに障害が発生した時によく使われています。Cloud FlareのDNSは高速なスピードが特徴です。

DNS特徴プライマリセカンダリ
Cloud Flare高速通信1.1.1.11.0.0.1
Google Public DNS高速通信8.8.8.88.8.4.4
OpenDNS高い安全性208.67.222.222208.67.220.220
Comodo Secure DNS高い安全性8.26.56.268.20.247.20
Quad9高い安全性9.9.9.9149.112.112.112

iPhoneのDNSを変更する

  1. STEP 1

    設定画面を起動

    iPhoneの設定画面を表示して「Wi-Fi」に進みます

    設定画面を起動設定画面を起動

  2. STEP 2

    DNSを変更

  3. STEP 3

    DNSを手動に変更

  4. STEP 4

    DNSを追加する

  5. DONE

iPadのDNSを変更する

  1. STEP 1

    設定画面を起動

    iPadの設定画面を表示して「Wi-Fi」に進みます

    設定画面を起動設定画面を起動

  2. STEP 2

    DNSを変更

  3. STEP 3

    DNSを手動に変更

  4. STEP 4

    DNSを追加する

  5. DONE

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています