64bitが原因?iPhone 5sが強制終了する確率は他機種の2倍であることが判明

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:28

64bitが原因?iPhone 5sが強制終了する確率は他機種の2倍であることが判明

Photo By The Verge
iPhone 5sが64bit対応ということで嫌な予感はしていましたが、やはり起きてしまいました。

Crittercismが調査したところ、iPhone 5sが強制終了する確率はiPhone 5やiPhone 5cと比較して2倍であることがわかったようです。

iPhone 5と5cが強制終了する確率は1%、iPhone 5sは2%

CrittercismがiPhone 5やiPhone 5c、iPhone 5sで数億のアプリを使用したところ、iPhone 5とiPhone 5cが強制終了する確率は1%で、iPhone 5sは2%と2倍の数値を示したとのことです。
In its look at hundreds of millions of app launches since the debut of the latest iPhones, Crittercism says that programs crash about two percent on the iPhone 5s, as compared to just under one percent on both the iPhone 5c and iPhone 5.

引用元:Apps on iPhone 5s Crashing Twice the Much as on Other iPhone 5 Models – Ina Fried – Mobile – AllThingsD

「1%も2%そんなにかわらないだろ」という声も聞こえてきそうですが、実際に使ってみた感じとしては、iPhone 5ではなかった強制終了がiPhone 5sに買い換えてから1日1〜2回ぐらいは起こっている気がしていて、2%という数値はむしろ低いかなと感じるぐらいです。

Crittercism のCEOであるAndrew Levy氏の話によると、iPhone 5sのみ強制終了する確率が高い原因としては64bitのA7が原因であり、アプリの開発者はiOS 7の対応はできたものの、64bitへの対応は行うことができなかったとしています。

Levy氏は、今後アプリの開発者が64bitへの対応を行うことで解消できる問題と捉えているようですが、強制終了するときは特定のアプリを使用している時ではなくランダムに発生している気がするので、もしかするとOSアップデートで解消できる問題なのかもしれません。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています