bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ワイモバイル、「iPhone 5s」を月額3980円で発売か

iPhone 5s

ワイモバイル、「iPhone 5s」を月額3980円で発売か

ソフトバンクグループは、2006年にボーダフォンを買収した現在の「ソフトバンク」と、2007年にサービスを開始した「ワイモバイル(旧イー・モバイル)」の2ブランドを展開しています。

ソフトバンクは、日本にいち早くiPhoneを持ち込んでユーザーの獲得に成功しましたが、ワイモバイルでは、安さをウリにしていることから端末代金が高額なiPhoneの取り扱いはこれまでありませんが、日本経済新聞によると、ワイモバイルが、3月4日(金)から「iPhone 5s」の販売を開始するようです。

ワイモバイル、3月14日から「iPhone 5s」を月額3980円で発売か

ワイモバイルは、全国1,000ヶ所にある実店舗と、ウェブサイトで3月4日(金)から「iPhone 5s」の販売を開始、データ容量は16GBのみで、2年間の新規契約の場合は通信量と端末代金込みで月額3,980円になるとのこと。

旧機種の「iPhone5s」を全国約1000カ所のワイモバイル店とウェブサイトで販売する。データ容量16ギガ(ギガは10億)バイトの端末で2年間の新規契約をする場合、通信料と端末代の合計が月3980円となり、ソフトバンク店で最新の「6s」を契約した場合の半額程度となる。

引用元:ソフトバンク、iPhone半額で 通信と旧機種で月3980円  :日本経済新聞

料金プランは明らかにされていませんが、1GBの「スマホプランS」と仮定すると、端末代金はたったの24,000円になります。

ソフトバンクから発売されている最新型の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の機種代金は、93,600円〜13,2480円となっており、1月末で実質0円が廃止されたことから、以前よりも手が届きにくくなっているなか、旧機種とは言えども月額3,980円で「iPhone 5s」が購入できるとなれば一定の需要はありそうです。

なお、アップルは3月15日に新型の「iPhone 5se」を発表する見込みですが、プロセッサは最新型の「A9」を搭載すると報じられていることから、端末代金はそれなりに高額になることを考えると、同機種はおそらくソフトバンクから販売されるはずです。

なお、Apple Storeで販売されているSIMフリーの「iPhone 5s」が58,800円であることを考えると、SIMロック版となりそうです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2018/09/21
auも4年縛り見直し アップグレードプログラムEX/EX(a)の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」を買ったら設定しておきたいこと11のこと

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りを見直し 「半額サポート」の改定を発表

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法
Recommendこんな記事も読まれています