bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

アイピーモバイルが携帯事業への新規参入を断念。

ニュース

アイピーモバイルが携帯事業への新規参入を断念。

アイピーモバイルは、13年ぶりとなる新規に携帯電話市場に参入するとされていたが、新規参入を断念したことがわかった。

原因は携帯電話市場に参入するための資金を確保するめどがたたないためだという。
アイピーモバイルは、今年の春から屋外でも高速でインターネットなどが使える、データ通信サービスを始める計画を打ち出していましたが、携帯電話事業に参入するための必要な資金を確保するめどが立たないことを理由に参入を断念し、国から割り当てられていた携帯電話向けの周波数を返上する方針を固めた。

総務省は、携帯電話市場の競争を促すためにアイピーモバイル、ソフトバンク、イー・モバイルの3社に携帯電話事業への参入を認めていた。
このうちソフトバンクはボーダフォン日本法人を買収する形で携帯電話市場への参入に方針を切りかえてソフトバンクモバイルとして携帯電話事業に参入した。

今回、アイピーモバイルが断念したことにより携帯電話事業に新規参入するのは、イー・モバイルだけとなり、携帯電話事業に参入するためには通信設備の整備などに多くの資金や時間が必要なことがわかり、それを確保するにはとても難しいということが明らかにもなった。

情報元:NTTニュース

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2020/11/29
【最終日】Amazonブラックフライデー2020の注目商品&攻略まとめ

セール

2020/11/28
30%オフ、スマホで家電操作「Nature Remo」がAmazonブラックフライデーに登場

セール

2020/11/28
Amazonブラックフライデー、microSDカードが安い。512GBは過去最安値

ニュース

2020/11/27
総務大臣、携帯料金値下げでKDDI社長に猛反論「どういうサービスを提供すべきか常識でわかると思う」
Recommendこんな記事も読まれています