bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、5.6インチのiPhoneを別名で発表かーiPadに次ぐ新製品として発表の可能性も?

iPhoneの噂・最新情報
Apple、5.6インチのiPhoneを別名で発表かーiPadに次ぐ新製品として発表の可能性も?Photo By CICCARESE
今秋にも発表が噂されるAppleのiPhone 6ですが、依然としてディスプレイサイズの異なる2種類のデバイスが発表されるとの見方が強くなっています。

そんななか、iPhone 6に搭載されるディスプレイは大型化され、2種類のデバイスのうち1つはiPhoneの名称が使われないと經濟日報が伝えています。

iPad nano?それともiPadに次ぐ新製品?

經濟日報によれば、iPhone 6には4.7インチのディスプレイが搭載され、9月にも発表されるとのこと。

また、5.6インチのデバイスについてはiPhoneの名称が使われないと報じています。
此外,蘋果也將推出5.6 吋的智慧機實驗機種,但名稱不叫iPhone,螢幕率先採用藍寶石玻璃。

引用元:Q3發表 iPhone 6變身4.7吋

ディスプレイのサイズが5.6インチともなれば、Androidなど他のOSを搭載したデバイスではファブレットと呼ばれていることから、AppleがiPhoneの名称を使わない可能性は無いとは言い切れません。

iPhoneの名を使わないとなれば、既に発売されているiPadにカテゴライズされ、iPad nanoとして発表される、もしくは新しい名称が付けられる製品になるかと思います。

ただ、iPad nanoとして発売される場合は、通話機能を持たないデバイスということになりますが、サムスンのGALAXY Noteシリーズなど通常ファブレットは通話機能を備えたものがほとんどです。

そうなると新しい名称が用いられる新製品となりますが、ソニーモバイルのファブレットであるXperia Z UltraのようにWi-Fi専用モデルとして発表される可能性も捨て切れません。

色々な可能性はあるものの、iPhoneの名称が使われないという報道は今回が初めてであり、現時点で情報の信ぴょう性を正しく判断できるものではありません。

AppleのファンとしてはiPadに次ぐ新しい製品として登場する可能性もあるため、今回の報道は気になるところですが、新製品として登場する場合は別ところからも同じような報道があるでしょう。今後の情報に期待したいと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone X / 8

2018/09/21
「iPhone XS」でアプリを終了する方法

ソフトバンク

2018/09/21
ソフトバンク、4年縛りの「半額サポート」を12月に見直しへ “2年後の選択肢増やす”

iPhone XS / XS Max

2018/09/21
ソフトバンク銀座で「iPhone XS」発売セレモニー開催

LINEの使い方

2018/09/21
iPhoneでLINEのトーク履歴を引き継ぐ方法(機種変更・履歴が消えた・紛失など)
Recommendこんな記事も読まれています