bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、2018年に6.5インチ「iPhone X Plus」など3機種を発売か

iPhoneの噂・最新情報

Apple、2018年に6.5インチ「iPhone X Plus」など3機種を発売か

「iPhone X」が発売されてまだ10日だが、早くも次期iPhoneに関する具体的な噂が出てきた。2018年に発売されるiPhoneは大画面化が進み、6.5インチの「iPhone X Plus」(仮名)を加えた3モデルのラインナップになるかもしれない。

次期iPhoneは6.5インチの有機ELと6.1インチの液晶モデルなど登場か

確度の高い情報を発信してきたKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuoによると、2018年後半に発売される次期iPhoneは5.8インチの有機ELを搭載する「iPhone X」の後継機に加え、6.5インチの有機ELを搭載する「iPhone X Plus」(仮名)、さらに6.1インチの液晶ディスプレイを搭載した全3モデルのラインナップになるとレポートしている。

指紋認証は完全廃止へ

指紋認証は完全廃止へ

すべての次期iPhoneはホームボタンを廃止し、切り欠きと呼ばれる「センサーハウジング」を残したベゼルレスデザインを採用する。指紋認証は完全に顔認証「Face ID」に置き換わるようだ。2018年に発売される次期iPadも同じ進化を遂げると報じられている。

Appleは「iPhone X」の開発段階でTouch IDの画面内蔵やバックパネルへの搭載、サイドボタンの内蔵に全く時間をかけていなかったことを明らかにしている。この発言から考えても指紋認証がiPhoneに戻ってくることはないだろう。

「iPhone X」の発売から約10日が経過し、マスクが欠かせない人はiPhone 8に戻したというが、来年はそういった選択肢はおそらく用意されない。ただ、マスクを装着しても正確に本人だと判断できるようFace IDやiOSが進化する余地はある。花粉症持ちの自分としてもそうなるように願う。

6.1インチの液晶モデルは7万円〜8万円に?

6.1インチの液晶モデルは7万円〜8万円に?

割安な6.1インチの液晶ディスプレイモデルは有機ELモデルに比べて解像度が低い分、650〜750ドルの価格帯を実現するようだ。ただ、その他のデザインやホームボタンの廃止、Face IDなどは「iPhone X」の要素を引き継ぐことになる。

なお、2つの有機ELモデルはステンレススチールフレームを改良し、データ伝送の品質を向上するそうだ。6.1インチの液晶ディスプレイモデルに関しては言及がなく、iPhone 8のようなアルミニウムフレームになる可能性も考えられる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?

iPad

2019/03/20
新しいiPad mini/iPad Airの価格・料金を比較 最も安いキャリアは?
Recommendこんな記事も読まれています