Apple、「iTunes」の提供終了へ〜「Music」など3つに分割か

bio
Yusuke Sakakura

Apple、「iTunes」の提供終了へ〜「Music」など3つに分割か

今から19年前、AppleはCasady & Greeneが開発したSoundJam MPを買収し、ソフトウェアに改良を加えて翌年の2001年にリリースしたのが初代iTunesだ。

その後、様々な機能が追加され、18年にわたって多くのAppleユーザーに親しまれていた「iTunes」だが、ついに終わるようだ。

ミュージック、TV、ポッドキャストの3アプリに分割へ

Bloombergによると、Appleは日本時間6月4日から開催される「WWDC 2019」で、音楽を聴いたり、テレビ番組や映画を見たり、ポッドキャストを聴いたり、iPhoneなどのAppleデバイスを管理できる「iTunes」の終了を発表するという。

もちろん終了だけで終わらない。AppleはiTunesに代わるアプリとして「ミュージック」「TV」「ポッドキャスト」の3つのアプリを発表するそうだ。つまり、iTunesはiPhoneやiPadに合わせるように、3つのアプリに分割されるということだ。

前述したとおり「iTunes」はiPhoneなどAppleデバイスのバックアップを取るアプリケーションにもなっているが、デバイスの管理機能はMusicアプリに移行されるとのこと。

なお、Bloombergが言及している分割後の3アプリはMacのみ、Windowsについては言及していない。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています