サブスクバンドル「Apple One」登場か。Apple MusicやiCloudなどおトクに

bio
Yusuke Sakakura

サブスクバンドル「Apple One」登場か。Apple MusicやiCloudなどおトクに

現在、Appleは音楽聴き放題の「Apple Music」、iPhoneのバックアップ容量等を増やせる「iCloudストレージ」、ゲーム遊び放題の「Apple Arcade」、雑誌読み放題の「Apple News+」、動画見放題の「Apple TV+」など多数のサブスクリプションサービスを提供している。

複数のサブスクを契約して毎月多額の料金を支払っている人も多いと思うが、Appleは複数のサブスクをまとめておトクに利用できるバンドルサービス「Apple One」を提供すると報じられている。

バーチャルフィットネスの新サービスも開発中?

Bloombergが関係者から得た情報によると、段階制で提供されるサブスクのバンドルサービス「Apple One」を契約することで毎月2〜5ドル程度(月額200円〜500円)おトクに利用できるという。

ベーシックパッケージは「Apple Music」と「Apple TV+」のセットで、上位パッケージは「Apple Arcade」や「Apple News+」、「iCloudストレージ」がセットになる可能性があるという。ただ、Apple News+は日本で提供されていないためパッケージの内容は国と地域ごとに異なるはずだ。

「Apple One」の提供時期は早ければ10月発売のiPhone 12と同時期に提供されるとのこと。iOS 14のアップデートで機能が追加されるようだ。

Appleはオンラインでフィットネスが楽しめる新サービスも開発しているという。新型コロナウイルス感染拡大の影響でジムに行きにくくなり自宅でフィットネスを楽しむ需要も増えている。日本でも新型コロナウイルス感染拡大と共にバーチャルフィットネスの提供を開始した企業がいくつかある。

2020年度第3四半期の決算によると、Apple MusicやiCloudストレージなどのサブスクリプションサービスを含む「サービス」部門の売上高は前年同期比で約15%増の131億1560万ドルを記録した。iPadの倍となる売上高でAppleの業績を大きく支えている。

iPhoneやiPad、Macといったハードウェアの売れ行きが悪くてもソフトウェアで埋められるよう好調なサービス部門をさらに強化する狙いがあるのかもしれない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています