iOS 13.7が公開。新型コロナ接触確認や不具合修正のアップデート

bio
Yusuke Sakakura

iOS 13.7が公開。新型コロナ接触確認や不具合修正のアップデート

日本時間9月2日、Appleが「iOS 13.7」と「iPadOS 13.7」のアップデート配信を開始した。今回のアップデートではいくつかの新機能に加えて不具合の修正と改善が含まれている。

ほかにも新型コロナウイルスの感染対策機能として新たにOS標準の接触確認機能である「Exposure Notification Express」が追加された。ただし、既にリリース済みのAPIを用いた接触確認アプリをリリースしている日本などでは影響のない機能になっている。

iOS/iPadOS 13.7のアップデート内容

iOS 13.7のアップデート内容は以下のとおり。iPadOS 13.7のアップデート内容はバグの修正のみとなっている。

iOS 13.7では、Appをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができます。システムが利用可能かどうかは、お住まいの地域の公衆衛生当局による対応状況によって異なります。このリリースには、iPhoneで発生していたその他のバグの修正も含まれています。
一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

UPDATE:2020/09/08 08:35当初記述していたアップデート内容が誤っていました。アップデート画面に誤った内容が表示されています。END OF UPDATE

iOSのアップデート方法

iPhone/iPadを「iOS 13.7」または「iPadOS 13.7」にアップデートするには設定から「一般」→「ソフトウェアアップデート」に進んで「ダウンロードとインストール」をタップするとアップデートが始まる。

iOSのアップデート方法|

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています