bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPhoneの電池劣化による意図的な性能低下を認める

iPhone

Apple、iPhoneの電池劣化による意図的な性能低下を認める

Photo by iFixit

「iPhone 6s」を使うユーザーがiOS 11にアップデートしたところ、操作にもたつきやひっかかりを感じるようになり、バッテリーを交換するとウソのように改善されたとして「Appleはバッテリーの劣化によって意図的に性能を低下させているのではないか」との見方が強まっていたが、Appleがこれを認めるコメントを発表した。

意図的な性能低下は「最良の体験を届けるため」

Appleの公式声明は、「最良の体験を消費者に届けることがAppleの目標であり、総合的なパフォーマンスとデバイスの寿命を伸ばすことも含まれます。しかし、リチウムイオン電池は低温時にピーク電流を流せなくなったり、電池が劣化すると充電容量が低下することで電子部品を保護するためのシャットダウンが発生することがあります。」

「昨年、iPhone 6/iPhone 6s/iPhone SE向けにリリースしたアップデートでは突発的なシャットダウン問題を解決しました。この機能はiOS 11.2でiPhone 7向けにも提供しており、他のデバイスにも同じ機能を提供する予定です。」というものだ。

保証期間内は無料でバッテリー交換が可能

この問題が明らかになった時、Appleは古いiPhoneから新しいiPhoneの買い替えを促進させるために意図的に性能を低下させているのではないかと誰もが思ったはずだが、Appleの言い分を真に受けるのであれば、逆にiPhoneの寿命を延ばすためのものということになる。

ただ、この問題が明らかになるまでバッテリーの劣化状況によってiPhoneの性能が変わる仕様が公にされていなかったことは問題だ。どれぐらいのバッテリー劣化で性能に変化が起きるのか、バッテリーの劣化状態を調べる方法などをAppleは案内し、広める必要がある。

Appleはそれらのことを実行しないかもしれない。ユーザーとしてはiPhoneやiPadの動作が遅くなった時はバッテリーの劣化を疑い、Apple Store等でバッテリーを交換する必要がある。また、バッテリーが劣化しないために長時間厚いところや寒いところに放置せず、ケーブルを接続したまま充電しっぱなしというのも避けなければいけない。

なお、iPhoneを購入してから1年間(Apple Care+加入の場合は2年間)はバッテリーを無料で交換できる。保証期間を外れた場合は8,800円となる。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2018/08/15
AirPods、サードパーティのワイヤレス充電マットにも対応か

iPhoneの噂・最新情報

2018/08/14
新型iPhone、有機ELモデルは「Apple Pencil」に対応?Samsungに打撃か

NTTドコモ

2018/08/14
「dアカウント」で2段階認証を設定・解除する方法

セール

2018/08/14
最大2,000円オフ、プライムビデオも大画面で見れる「Fire TV」のお盆セール開催中
Recommendこんな記事も読まれています