au、のりかえ・MNPの手数料を3,000円に値上げ

bio
Yusuke Sakakura

au、のりかえ・MNPの手数料を3,000円に値上げ

auは、5月17日より、のりかえ・MNP時の転出(auから他のキャリアにのりかえ時)手数料を3,000円に値上げすることを発表しました。

au、のりかえ・MNP時の転出手数料を2,000円から3,000円に値上げ

のりかえ・MNP時の転出手数料は、これまでドコモとauが2,000円。ソフトバンクが3,000円(※)となっていましたが、5月17日からauが2,000円から3,000円に値上げすることになります。

※端末の購入を伴わない新規契約(UIMカード単体の契約、2in1Bナンバー、シンプルスタイル・スマート一括契約・みまもりケータイ)を行ってから90日以内(ドコモ)または翌々請求月末まで(ソフトバンク)に転出する場合は5,000円となります。

なお、のりかえ時には転出手数料に加えて、転出先(auからドコモに乗り換える場合はドコモが転出先)のキャリアに契約事務手数料を支払う必要があります。契約事務手数料は、ドコモ・au・ソフトバンクともに3,000円。

また、2年契約のプランに加入していて、更新月以外にのりかえる場合は、違約金として9,500円を支払う必要があります。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています