bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、5万円台の5Gスマホ「ZTE a1」を8月5日発売

au

au、5万円の5Gスマホ「ZTE a1」を8月5日発売

auが5G対応スマートフォンとして発表していたZTE製の「ZTE a1」の発売日を8月5日に決定した。

プレミアム・ミドルレンジ向けのチップセット「Snapdragon 765G 5G」を搭載しながらも手に取りやすい5Gスマートフォンとして発売される。

ゲームも快適にプレイできるミドルレンジの5Gスマホ

「ZTE a1」は、手に取りやすい価格で5Gに対応したスマートフォン。販売価格は59,980円。残価設定型の「かえトクプログラム」を利用することで実質負担金は36,340円となる。

5Gは比較的広いエリアで利用できるSub6に対応。通信速度は受信時最大2.1Gbps、送信時最大183Mbpsと案内されている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ディスプレイは約6.5インチ/フルHD+(2,340×1,080ピクセル)のビッグスクリーンを搭載。フロントカメラの際まで液晶が伸びるパンチホールデザインを採用することで91.5%の高い画面占有率を実現。高い没入感で動画視聴が楽しめる。

カメラは48メガピクセルの広角レンズ、景色や建造物をダイナミックに撮影できる視野角120°の超広角レンズ、4cmまで被写体に近づけるマクロレンズ、一眼レフのような背景ぼかしが楽しめる深度測定レンズを搭載したクアッドカメラを搭載。

AIによる自動シーン認識によって花、ペット、風景、空、人物、ビーチ、料理、植物など13の被写体・シーンに合わせて設定を最適化するほか、高速連写して複数枚の画像を合成してノイズを最小限に抑えることで夜景やイルミネーションをクリアに撮影できる。

メモリは6GB、チップセットはプレミアム・ミドルレンジ向けの「Snapdragon 765G 5G」を搭載。”765G”の“G”はゲームへの最適化を表現していてリッチな映像体験やロード時間の高速化を実現した。

バッテリーは大容量の3,900mAh。防水やおサイフケータイには対応していない。

なお、応募者全員にau PAY 残高10,000円相当がキャッシュバックされる「ZTE a1 購入キャンペーン」が実施される。条件は8月23日までに購入して9月4日までに専用サイトから応募すること。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12、5G接続時に電池持ち悪化。Androidにも敗北

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問
Recommendこんな記事も読まれています