bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/05/09 10:40
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、2018年夏モデルの発表日が5月16日に。Galaxy S9、Xperia XZ2 Premiumなど登場か
  • ドコモ、2018年夏モデルの発表日が5月16日に。Galaxy S9、Xperia XZ2 Premiumなど登場か

    NTTドコモが、5月16日(水)の12時00分から「NTTドコモ 2018夏 新サービス・新商品発表会」を開催することを発表した。

    驚愕の進化を遂げたカメラを搭載する「Galaxy S9」や新デザインと待望のワイヤレス充電に対応する「Xperia XZ2 Premium」、ベゼルレスディスプレイと世界初のトリプルカメラを搭載する「HUAWEI P20 Pro」などが登場する可能性がある。

    【更新】ドコモが2018年夏モデルとして全10機種をを発表しました。詳細はこちらから

    ドコモの2018年夏モデル、どんな新製品と新サービスが登場する?

    昨年開催された2017年夏の発表会では「Xperia XZs」、「Xperia XZ Premium」、「Galaxy S8」シリーズ、「AQUOS R」などスマートフォンとタブレット計8機種が登場。新サービスは対象機種を購入するとずっと月額1,500円が割引される「docomo with」や“バイバイ”と伝えたあと耳から離すと自動的に電話が切れる「スグ電」、留守番電話の伝言メッセージを文字起こしする「みえる留守電」、求人情報を一括検索、クラウドソーシングを検索できる「dジョブ」、大人世代のためのワンコイン優待サービス「dエンジョイパス」、キャリア決済のAmazon対応が発表された。


    Galaxy S9/Galaxy S9+ 驚愕の進化を遂げたカメラを搭載

    Galaxy S9/Galaxy S9+ 驚愕の進化を遂げたカメラを搭載

    Galaxy S9シリーズの特徴は驚愕の進化を遂げたカメラにある。より明るく、背景がボケやすくなったスマートフォン最高クラスのƒ/1.5レンズを搭載し絞り値をƒ/2.4に切り替えることで明るい場所でも暗い場所でもキレイな写真を撮影できる「デュアルアパーチャ」に対応する。さらに、「Galaxy S9+」はシリーズ初のデュアルカメラを搭載。ワンタップで画質が劣化しない光学2倍ズームが利用できるほか、撮影後に背景のボケ具合を調節できる「ライブフォーカス」が利用できる。

    このほかにも虹彩認証と顔認証を同時利用する「インテリジェントスキャン」やシリーズ初のステレオスピーカー、カメラを使ったリアルタイム翻訳機能などを備える。

    Xperia XZ2/Xperia XZ2 Premium、シリーズ初のワイヤレス充電対応

    Xperia XZ2/Xperia XZ2 Premium、シリーズ初のワイヤレス充電対応

    Xperia XZ2/Xperia XZ2 Premiumはオムニバランスデザインに丸みを持たせた手にフィットする新デザインを採用。指紋認証は右サイドからバックに移動することで利き手に関わらずスムーズに画面ロックを解除できる。イヤホン端子は廃止された。

    新機能ではシリーズ初のワイヤレス充電や視聴する映像やゲームの音をリアルタイムに解析し、コンテンツに合わせて振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」に対応する。Xperia XZ2 Premiumはデュアルカメラを搭載することで撮影後にピントを調整可能な背景ぼかしや4K HDR動画の撮影もサポートする。

    HUAWEI P20 Pro、世界初のトリプルライカカメラ搭載

    HUAWEI P20 Pro、世界初のトリプルライカカメラ搭載

    HUAWEI P20 Proは世界初の「ライカトリプルカメラ」を搭載する。新たに追加されたサードレンズによって画質が劣化しない光学3倍ズームが利用可能になる。その他にも960fpsのスーパースローモーション動画撮影に対応。センサーサイズはiPhone Xよりも170%、Galaxy S9よりも125%大きな1/1.7インチで夜景や暗所での撮影に非常に強いカメラになっている。

    AIによるカメラサポート機能も充実化。手持ちの夜景撮影でもブレない「HUAWEI AIS」、19カテゴリ500以上の自動シーン認識・設定の最適化、写真全体の色合い調整機能に対応する。

    “HUAWEI FULL VIEW DISPLAY”は、6.1インチのベゼルレスの有機ELディスプレイでiPhone Xのような“切り欠き”デザインを採用する。ただし、顔認証には非対応で指紋認証のみ利用可能となっている。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー