ドコモ、西日本豪雨の被災地向けにデータ通信の速度制限を解除

NTTドコモ

ドコモ、被災地向けにデータ通信の速度制限を解除

ドコモが平成30年7月豪雨で被災されたユーザーを対象に、契約しているプランのデータ量を超えた場合でも通信速度に制限なくデータ通信が利用できるよう支援措置を行うと発表した。

7月31日まで速度制限を解除

ドコモは、データ量を気にせず各自治体の情報サイト、地震情報、天気予報、各種ニュースやSNS等による迅速な情報収集を可能にするため、7月13日17時ごろから7月31日まで速度制限を解除すると発表した。既に速度制限がかかっている場合は制限が解除される。

対象となるのは平成30年7月豪雨による災害救助法が適用された地域に「契約者住所」または「請求書送付先住所」のいずれかがあるユーザー。申し込み不要で自動適用される。

通常、契約プランのデータ量を超過した場合は月末まで通信速度が送受信最大128kbpsに制限される。「カケホーダイ&パケあえる」のプランを契約している場合、速度制限を解除するには1GB・1,000円または2GB・2,500円が必要になる。

なお、ソフトバンク・ワイモバイルは8月31日までデータの追加購入料金を無償化し、KDDIグループのauやUQ mobile、BIGLOBEモバイルは10GBのデータ容量を追加または10GBまでの追加購入料金を無償化すると発表している。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Galaxyの噂・最新情報

2021/01/15
Galaxy S21の比較・発売日・新機能・価格・スペックまとめ

au

2021/01/15
武田総務大臣、auのpovo“最安値”に非常に紛らわしい、結局他社と同じ値段と批判

シャオミの噂・最新情報

2021/01/15
シャオミ、米国で投資禁止対象に。GMS等には影響なし

Pixelの噂・最新情報

2021/01/15
Pixel 4a (5G)、新色クリアリーホワイトが日本でも発売。22日から
Recommendこんな記事も読まれています